ブラック企業で心身共に病んだ経験のある僕が、看護師への転職方法・勉強方法・様々なノウハウをお話します!

看護師がイラッときたら? 6秒で怒りを静めるアンガーマネジメント

看護師だってイラッとくる 6秒で怒りを静めるアンガーマネジメント

どんな仕事もイラッとすることは多いですが、看護師は特に多いかもしれません。
ワガママな患者さんや家族、イヤな上司や同僚、高圧的なDr、上から目線の多職種など看護師は様々な職種との板挟みになることが多いです。
その分、トラブルも多くイラッとすることも多くなります。

新人ちゃん

あの患者さん自分でできるのに「そのコップ取ってちょうだい」ってわざわざナースコールしてくるんだよ。
マジでイラッとくるわ(怒)

先輩ちゃん

うちの師長って、何かにつけてイヤミ言ってくるのよ。
もうイラッとするの通り越して、やる気が無くなるんだよね(落)

他にも看護師ならではイラッとすることが山ほどあります。
このように毎日いつもイラッとしてたら仕事になりません。
この記事ではイラッときたら6秒で怒りを静めることが出来る、アンガーマネジメントを解説します。

ノブ

この記事は准看護師を経て、看護師に転職し看護師歴16年
他にケアマネージャーと認知症ケア専門士の資格を持つ、ぼくが書いています。

目次

ぶっちゃけ看護師はイラっとくることが多いです

<img width=

看護師はイラっとくることが特に多い職業です。
最近ではモンスター患者やクレーマー家族など、仕事で助け合わなければならないスタッフ同士でさえマウントの取り合いやイヤミなどで心の休まる暇がありません。

元々大人しくて心の優しい人でも、このような環境にいたら些細なことでもイラッとくるようになります。
「なんだか私、昔より性格きつくなったかも?」と思う人も多いです。
これはある意味で無理もありませんし、このように思う人も多いです。

・劣悪な環境にいたら、どんな人でも性格が変わり怒りやすくなる。


看護師だって人間です、劣悪な環境にいれば性格も変わってきます。
このようなことを防ぐために、次からイラっときた時の対処法を解説していきます。

新人ちゃん

イラッとくるのは、あなたが怒りやすい性格なわけじゃないよ。
みんな同じようにイラッときてるから「こんなの私だけだ」と思って凹まないでね。

イラッときたときの4ステップ対処法

<img width=

イラッときてもすぐに反応してしまい、売り言葉に買い言葉のような真似をしてはいけません。
過去にこんな経験はありませんか?

①イラつくことを言われて、すぐ言い返したらケンカになってしまった。
②イラつくことを言われたが、少し時間をおいたらイラっとしなくなった。

どちらもイラつくことを言われたのに反応は真逆です。
片方は怒り・片方は怒らなかった、これには次の理由があります。

①イラッときたら、まずは6秒我慢しましょう

怒りとは一過性の感情です、そのピークは6秒と言われています。
つまり6秒を超えると、怒りは自然と収まってくるのです。


前述の①は6秒経たずにすぐに反応したので、怒りが増幅してしてしまいケンカになりました。
ですが、②は6秒過ぎたので、怒りのピークも過ぎて収まったのです。

怒りのピークは6秒しかもたない、イラっと機ても6秒我慢する。

新人ちゃん

6秒過ぎたら、後はなんとかなるからね。
6秒だけは我慢しよう!!

②怒りのピークを過ぎる、6秒間は他のことを考える

怒りのピークは6秒間です、この6秒間は他のことを考えましょう。
一番簡単なのは「深呼吸しながら6秒数えること」です。

他には「周りを見渡す」「四肢の感覚に注目する」など自分のやりやすい方法で大丈夫です。

怒りのピークを過ぎる、6秒間は他のことを考える。

新人ちゃん

この時は怒りにフォーカスしちゃダメだよ。
他のことを考えないと余計に怒りが大きくなるからね。
深呼吸しながら6秒数えてね。

③あなたはどんな場面で怒りやすくて、その怒りは何点か点数化する?

あなたはどんな場面で怒りやすいでしょうか?
あなたが怒った場面と、その時の怒りはお点数化すると何点か?覚えておきましょう。

こうすることで、あなた自身がどんな場面で怒りやすいか?どのくらいの怒りを感じるか?
怒ったことをストックすることで「私はこんな場面で、このくらい怒るんだな」と、あなたの怒りの傾向を把握することが出来ます。

この怒りのストックは次のステップ役立ちます。

怒った時は「どんな場面で怒ったか?その怒りは点数にすると何点か?」として表し覚えておく

新人ちゃん

こうして自分を客観視することでも冷静になれるよ。

④イラッときたら、過去のイラッときたことを思い出しましょう

イラッとすることはまた必ずやってきます。
その時に③の怒りのストックを思い出しましょう。
怒りにも種類やパターンがあるので、過去のストックには今感じているものに、近い怒りのストックがあるはずです。

過去の怒りのストックを思い出すと「あの時は怒りすぎて失敗したから、今回は冷静になろう」とか「あの時に比べたら今回は大したことないか」と客観視して冷静になることが出来ます。

慣れてくると「この流れなら、私はこれから怒りモードに入るだろうから、気をつけないといけないな」と怒りを予測することが出来ます。
こうすることで、あなたの怒りをコントロールすることが出来るのです。

新人ちゃん

過去のイラッとしたことと比較すると、けっこう「そうでもないか」とか思って冷静になれるもんだよ。

過去の怒った時のストックを思い出し比較して、自分を客観視し冷静になる。

下記は怒りをコントールするために役立つ書籍とユーチューブです。
ユーチューブだけでも参考になりますので、お時間のある時にでもご参照ください。

先輩ちゃん

現役看護師の著者光前麻由美さんが、看護師ならではの人間関係やシチュエーションを用いて、怒りをコントロール方法を解説されています。

先輩ちゃん

メンタルコントロールの超ベストセラーですね。
イラッとする相手の言動に心動かされずに、自分の心を平穏に保つ方法をわかりやすく解説してくれますよ。

先輩ちゃん

ロシアのシステマという概念を使い、常に平常心を保つ方法を解説されています。
常に平常心を保てれば、無駄にイラッとすることも無くなりますよね。

まとめ

看護師に限らずどんな仕事でも、イラッとくることはよくあります。
ですがいちいち反応していたら、仕事なんかできませんし、仕事も人間関係も破綻します。

あなたのイラッとくる傾向を把握し、あなた自身が平穏な気持ちで仕事もプライベートも充実できるように、今回の記事で怒りを上手にコントロールしてください。

①イラッときたら、6秒間我慢しましょう。
②怒りのピークが過ぎる6秒間は、深呼吸しながら他のことを考えましょう。
③どんな場面で怒りやすくて、その怒りは何点か点数化しストックしておく。
④イラッときたら過去のストックと比較し、自分を客観視する。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる