看護実習ってなに?看護実習ってどんなことするの?

学生生活

よく聞く看護実習ってなに?
具体的にどんなことするの?
なにするんだか、大変なのかとか
全く見当つかないわ。

看護実習は実際に受け患者さんを受け持って
実習していくので、とても大事だよ。
実習での経験は看護師として働きだしてからも
活きてくるものだよ。

この記事を読んでわかること

  • 看護実習とはどういうことをするのか?
  • 看護実習とはどういうことを勉強するのか?
  • 看護実習中の一日の流れ

看護実習ってなに?

 看護実習とは普通の聞くだけの授業とは違い、講義などで学んだ注射や食事介助などの看護技術や方法などを、実地または実物にあたって学ぶことです。

ざっくり簡単に言うと
看護実習とは
生徒同士でお互い基礎技術の注射の練習をしたり、食事介助をしたり
病院や施設で、実際に患者さんを受け持ってケアをしていくことです。

もちろん、事前に勉強したことを行い安全面を守るために、学校内では先生が
病院や施設では実習指導者がいて指導してくれます。

看護実習には学内実習と学外(現地)実習がある

 看護実習には学校内で行う学内実習と、学外(病院や施設)で行う
学外(現地)実習に分かれます。

学内実習(学校内で行う)
・1年生で生徒同士で行う基礎的なもの
・基礎的な看護技術である注射、
食事介助、ベッドメイキングなど
を行う
・これが出来ないと学外実習で苦労する

学外実習(病院・施設で行う)
・2年生で実際に患者さんを受け持ちケアしていくもの
・実習期間中(だいたい2週間)計画を立てて受け持ち患者さんのケアをしていく
・自己学習も記録物も多くて大変

学内実習はどんなことするの?

 学内実習は「基礎看護」という授業で習う基本的な技術で一年生で習います。

 例えば、寝たきりで両手両足が動かない患者さんがいたとします。
この患者さんは「食事」「入浴」「着替え」「排泄」など自分でできないので
介助が必要になります。

 このような介助を行う技術を看護技術といいます。
「食事」ならスプーンで介助する「食事介助」、「入浴」なら服を脱がせて浴槽に
つからせて身体を洗う「入浴介助」など生活の様々なシーンで必要となる介助技術です。(実際にはプライバシーがあるので入浴介助・着替え・排泄介助の実習は
ありません)

また、検温・血圧測定・注射・点滴なども看護技術です。
学校内で生徒同士で行います。
これらの看護技術が基礎となり、はじめて学外(現地)実習となります。

看護技術は生活の様々なシーンで必要な技術です。
これがしっかりできないと現地実習で苦労します。

看護技術は看護師の基本です!!
一生必要なことだからしっかり勉強しましょう。

学外(現地)実習はどんなことするの?

 学外(現地)実習は学校外の病院・施設で行います。
一年生の終わりに基礎実習として、二年生から行う学外(現地)実習のリハーサルの
ような実習を病院で行います。

 この実習で学外(現地)実習になれておいて、二年生から本格的な学外(現地)実習
が始まります。
この実習で内科・外科・整形外科など一通りの科をまわり、それぞれの科で受け持ち患者さんを受け持って計画を立てて実習を行います。

どんな科をまわって実習するの?

  病院だけではなく、老人保健施設や保育所などでも実習します。

実習でまわる主な科は
内科・外科・整形外科・精神科・産婦人科・小児科です。

(学校によって違いがある場合があります)

受け持つ患者さんも科によって様々で、普通の成人・妊婦・高齢者
子供と持っている疾患も様々です。

実習中はどんな一日の流れなの?

 実習中は毎日行動計画を立て、看護計画を立案し(受け持ち患者さんの持つ問題点を解決するための計画)これに基づいて実習を行っていきます。
受け持ち患者さんによっては、排泄介助や。事介助が必要な場合もありますので
その都度、学内実習で身につけた看護技術を使い援助していきます

             実習中の一日の流れ
朝8時30分実習開始⇒16時頃に実習終了⇒帰宅し実習の記録物作成、
看護計画の見直し、自己学習、明日の実習計画作成

実習中はわからないことが沢山でてきて、都度調べていかなければ
いけませんし、看護計画の見直しもしょっちゅう出てきます。
実習指導者や学校の先生からのチェックも入りますので
とても忙しい日々になります。

まとめ

 看護実習とは、どんなものか大まかなことがイメージしてもらえたでしょうか?
看護実習をきちんと説明すると、難しい用語も多くなりイメージしづらくなりますので
今回は大まかに説明してみました。

  • 看護学校には看護実習がある
  • 看護実習には学内実習と学外(現地)実習がある
  • 学内実習は学校内で基本的な看護技術を習う
  • 学外(現地)実習は病院・施設で受け持ち患者さんを受け持ち行う

コメント

タイトルとURLをコピーしました