看護学校社会人入試:受かる人は「看護観」を持っています。これが有るか無いかで合否は決まります!!

受験対策
ノブ
ノブ

こんにちは、元ブラック企業サラリーマンの現役看護師ノブです。
https://twitter.com/nobuban1200s2

看護学校の社会人入試は基本的に面接と小論文の二科目です。

この評価基準がイマイチはっきりわからない、二教科の一体どこで評価されてるんでしょうか?

社会人から看護師を目指す方なら、こんなお悩みをお持ちじゃないですか?

社会人入試・一般入試共に受かる人は共通していることがあります。

看護学校に合格する人は「看護観」を持っています


受かる人は面接も小論文も、さらに志望理由書にも受かる人は「看護観」を持っているんです。

この「看護観」を准看護師を経て看護師に転職し看護師歴16年、他にケアマネージャーと認
知症ケア専門士の資格を持つ、ぼくが解説します。

この記事を読んでわかること

  • 社会人入試では何をみられているか?
  • 看護師の適性とは何か?
  • 「自分なりの看護観」とは何か?その重要性?
  • 「自分なりの看護観」が無いとなぜ落ちるのか?
  • 「自分なりの看護観」の模索のしかた?

看護学校社会人入試では何をみられるのか?

 看護学校受験では何をみられているのでしょうか?

 看護学校は看護師になるための学校です。
ということは、看護師の資質がある人が選ばれます

つまり、ほかの人よりも
「看護師の適性」がある人が求められるわけです。

 受かる人はこのことをきちんと理解し分析して、社会人入試に臨んでいるのです。

看護師の適性とは何か?

 看護師の適性とは一体何でしょうか?
「優しい?」「人の役に立ちたい?」これもありますが、これだけでは不十分です。

 一般的には下記のようなことがあげられます。

基本的な看護師の適性
  • 学習意欲が有るか?
  • 熱意はあるか?
  • 看護師の仕事をきちんと理解しているか?
  • 自らの意思で看護師になりたいという気持ちが有るか?
  • 体力・精神面でのタフさ
  • コミュニケーション能力
  • チーム医療を行える協調性があるか?
  • ルールを理解し順守すること
  • 社会人としてのマナー・一般教養はあるか?

これらは看護師の適性として基本的な部分です。 

あなたならほかに看護師に必要なことは何だと思いますか?
ここを深堀していくと、あなたなりの「看護観」がみえてきます。
看護師の適性とは重要な「自分なりの看護観」があるか無いかです

合格する人は「自分なりの看護観」を持っている

看護観とは

・看護師として、患者や患者に関する問題に対して、どのような看護を行うか
・看護師として、何か健康リスクがある問題に対して、どのように考えるか。
 どのような対策をするかするか。

ということになります。

簡単に言うと「健康リスクがある問題に対して、どのように考えるか?
どのような対策をするか?」ということです。

 上記をおさえたうえで「自分なりの看護観」を模索しましょう。

 あなたはあなたなりの思いがあって、看護師を目指したはずです。
「なぜ自分は看護師を目指したのか?」今一度振り返ってみましょう。
ここに、あなたなりの看護観があります。

 あなたなりの看護観がしっかりしていれば志望理由書・小論文・面接で答えに困ることはありません。

看護観がすべての基本になっている

志望理由書・小論文・面接の基本になる

 看護学校受験では、「看護師の適性」=「自分なりの看護観」が求められます。

これは志望理由書・小論文・面接に対応する上での基本となります。
志望理由書・小論文・面接は「自分なりの看護観」が基本となって、一貫性を持ちつながっていなければなりません。


もし、つながっていなければ「看護師になりたい姿勢がぶれている」と評価されてしまいます。

「自分なりの看護観」がないとなぜ落ちるのか?

「自分なりの看護観」が有ると無いとでこんなに違う

 例えば、面接で「あなたの長所と短所を述べてください」という質問があったとします。
次の2例を比べてください。


 看護観が入ってない例

『私は明るい性格で「場を明るくしてくれて助かる」とよく言われます。
短所は「時々短気になること」です、そのため周りに迷惑をかけてしまいます。


このようなことは看護師を目指すのに直さなくてはならないことです。
わかってはいるのですが、なかなか直すことができません』

 看護観が入った例

『私は明るい性格で「場を明るくしてくれて助かる」とよく言われます。
それ故に、落ち込んでいる人の気持ちに気づけないことがあります。

 また、短所は「時々短気ななることです」
これは人としても看護師としても、直していかなければならない部分なので
なにかあったら、まずは一呼吸おいて状況を再確認するようにしています。
 
 私はこのような欠点もありますが、私の明るさを活かして、少しでも弱っている人の助けになり、支えていきたいと思い看護師を目指しました。』 


下線部が看護観です


看護観が入っていない例では、ただ単純に質問に答えているだけになってしまいます。
これでも質問に答えてることにはなりますが、質問の意図は「看護師の適性があるかどうか?」
「自分なりの看護観があるかどうか?」です。

しかし看護観が入っていると、長所短所の改善と自己分析も対応策もできています。
なおかつ自分の長所を生かして看護師になりたいという、明確な意思を持った答えになります。


看護観が入ってない・入っているとの差でこれだけの違いが出てしまいます


 

普段から自分なりの看護観を模索する

 「自分なりの看護観」を持つことが合格するための必要最低条件であることが、わかっていただけたかと思います。

 では看護観を持つためには、何をしたらいいでしょうか?
それは普段の生活の中から見つけられます。


「時事問題」「看護系の本」「病気の身内」「自分が病気になった時」こんな時に「自分なら看護師としてどんなことができるだろう?」


「この問題に看護師として何が必要になるだろう?」と日々の生活の中で、自問自答して考えてみてください。


 これが、看護観を身につける最適な方法です。
一日やそこらで身につけれるものではなく、一回で答えは出ません。
長期間、何度も自問自答することも必要です。
時間はかかりますが、これが合格する大前提であり唯一の秘訣です。

まとめ

MEMO
  • 看護師の適性が有るか無いかで合否は決まる
  • 一般的な看護観とそのうえで「自分なりの看護観を持つ」
  • 「自分なりの看護観」が志望理由書・小論文・面接の基本になる
  • 看護観がないと質問に的確に答えられない
  • 日々の生活の中で「自分なりの看護観」を模索する

コメント

タイトルとURLをコピーしました