看護学校社会人入試:一発合格する志望理由書の書き方

受験対策
ノブ
ノブ

こんにちは、元ブラック企業サラリーマンで現看護師のノブです。
https://twitter.com/nobuban1200s2

 看護学校の志望理由書って、どんなことを書いたらいいのでしょうか?
ここに悩む方は多いです。

ですが、志望理由書も合否に関係する、重要な要素です。
合格するためには、なるべく簡潔に要点をおさえて、書くことが必要となります。

志望理由書の要点

・なぜ看護師になりたいのか?
・看護師の適性はあるか?

・自分なりの看護観はあるか?


志望理由書には上記のことが入っていなければなりません。


この要点を網羅した志望理由書の書き方を、ブラック企業サラリーマンから、准看護師を経て看護師に転職し看護師歴16年。
ケアマネージャーと認知症ケア専門士の資格を持つ、ぼくが解説します。

この記事を読んでわかること

  • 「看護師の適性」「自分なりの看護観」とはなにか?
  • 「自分なりの看護観」が志望理由書・小論文・面接の基本となる
  • 文章の構成の考え方
  • PREP法を使った「伝わる文章」の書き方
  • 志望理由書のヒントの見つけ方

「看護師の適性」とは「自分なりの看護観」

 看護学校社会人入試では、ネットや本の受け売りだけでは合格することはできません。
看護学校社会人入試では、その人に「看護師の適性」が有るか無いかをみています。
そして、合格する人は必ず「看護師の適性」を持つています。

 それでは、「看護師の適性」とは何か? それは「自分なりの看護観」です。
「自分なりの看護観」は、人それぞれの人生経験と考え方により様々あります。
ここから、その人の人間性もでてきます。

「自分なりの看護観」とは「自分なりの看護に対する考え方」であり
「看護師の適性」がある人=「自分なりの看護観」を持っている人です。

志望理由書・小論文・面接の基本となる

 志望理由書・小論文・面接は「自分なりの看護観」が基本姿勢となって入っていて、一貫性を持ちつながっていなければなりません。
もし、つながっていなければ「看護師になりたい姿勢がぶれている」と評価されてしまいます。

最初に文章の構成を考える

 最初に文章の構成を考えましょう。

文章を書くことは、家を作る過程と似ています。
家だとまずは設計図を作って、そこから土台作り・内装・外観と進んでいきますよね。

文章の場合だと、設計図を作ることが文章の構成を考えることにあたります。

いきなり書くと失敗する

 志望理由書に、ただ自分の経験や思いをやみくもに書いても、相手には伝わりません。
まずは「なぜ看護師を目指そうと思ったのか」「自分なりの看護観」を明確にして文章構成を考えます。
自分の経験談を入れると、リアリティが出ますし書きやすくなります。

PREP法で書く

 PREP法を用いると、文章構成を作りやすく論理的な文章を書くことができます。

PREP法は最もポピュラーで、どんなテーマにも対応できる文章の型です。

P=Point(結論)⇒R=Reason(理由)⇒E=Example(事例、具体例)⇒P=Point(再度、結論)という流れです。

社会人経験を入れる

 あなたが社会人経験者なら、何らかの挫折経験や失敗経験があるでしょう。
その経験をもとに「看護師を目指した」という書き方がおススメです。


挫折や失敗から「看護師を目指した」のであれば、そこから這い上がりたい向上心をみることができ説得力も出てきます。
もしくはあなた自身の入院経験なども、リアリティがありおススメです。

 ただし、実際に経験したことを書かなければ伝わりません。
この経験が「あなた自身の言葉」になります。
サイトや本に載っている例文のコピーでは、伝わりませんし相手にはバレます。


 どうしてもあなたに挫折や失敗経験がない場合は「大切な身近な誰かが、心身共に病んでしまった経験があり、そういう人の役に立ちたい」という書き方でもいいです。

志望理由書を分析します

 まずは分析せずに、PREP法で書かれた下記の志望理由書を読んでください。

志望理由書

私はサラリーマン時代に心身共に病み入院した経験から、看護師を目指しました。

その時に対応してくれた看護師さんが、身体的なこと以外に仕事の悩み事も聞いてくれて、とても気が楽になりました。

「自分と同じように心身共に病んでいる人は大勢いる」

そんな人たちの身近にいて、心身ともに健康になれるような、お手伝いをしたいと看護師を目指しました。

PREP法で分析した、志望理由書

私はサラリーマン時代に心身共に病み入院した経験から、看護師を目指しました。
P=Point(結論)

その時に対応してくれた看護師さんが、身体的なこと以外に仕事の悩み事も聞いてくれて、とても気が楽になりました。
R=Reason(理由)

自分と同じように心身共に病んでいる人は大勢いる。
E=Example(事例、具体例)

そんな人たちの身近にいて、心身ともに健康になれるような、お手伝いをしたいと看護師を目指しました。
P=Point(再度、結論)

 こうすることで、文章の各パートの役割と流れが理解していただけると思います。

場合によっては、R=Reason(理由)E=Example(事例、具体例)が混じってしまうこともありますが、流れがスムーズな文章であればOKです。

日常生活の中に志望理由書のヒントがある

 今までの説明でも、「なかなか志望理由書を書くのが難しい」という人もいるでしょう。

その場合は、「自分が看護師だったら? どう考えるか? どう行動するか?」という視点で医療問題や家族友人の健康問題・メンタルヘルスの問題を考えてみてください。

そこから、志望理由書を書くヒントが見つかります。

まとめ

  
MEMO
  • 「看護師の適性」がある人=「自分なりの看護観」を持っている人
  • 志望理由書・小論文・面接は「自分なりの看護観」が基本姿勢となる
  • なぜ看護師を目指そうと思ったのか」「自分の経験」「自分なりの看護観」を明確にする
  • いきなり書かずに文章構成を考える
  • あなたの挫折体験や失敗体験を入れてPREP法で書く
  • 「自分が看護師だったら、どう考えるか?どう行動するか?」という視点で時事問題や家族友人の健康問題・メンタルヘルスの問題を考える
  • 「看護師の適性」がある人=「自分なりの看護観」を持っている人
  • 志望理由書・小論文・面接は「自分なりの看護観」が基本姿勢となる
  • なぜ看護師を目指そうと思ったのか」「自分の経験」「自分なりの看護観」を明確にする
  • いきなり書かずに文章構成を考える
  • あなたの挫折体験や失敗体験を入れてPREP法で書く
  • 「自分が看護師だったら、どう考えるか?どう行動するか?」という視点で時事問題や家族友人の健康問題・メンタルヘルスの問題を考える

コメント

タイトルとURLをコピーしました