ブラック企業で心身共に病んだ経験のある僕が、看護師への転職方法・勉強方法・様々なノウハウをお話します!

元ブラック企業サラリーマンが解説します「社会人から看護師になるにはどうしたらいいか?」

ノブ
ノブ

こんにちは、元ブラック企業サラリーマンで現看護師のノブです。
https://twitter.com/nobuban1200s2

 社会人から看護師への転職を考えている方は、こんなお悩みをお持ちではないですか?

社会人から看護師になりたいけど、なにから始めたらいいのか解
 らない?


・社会人入試ってなに? どんなこと勉強したらいいの?

・看護師の適性ってなに? 看護観ってなに?

この記事ではこのようなお悩みを持つ方に向けて「社会人の方が看護師になるために、どういうことが必要なのか?」「どのような勉強法したらいいのか?」を解説します。

この記事はブラック企業サラリーマンから、准看護師を経て看護師に転職し看護師歴16年。
ケアマネージャーと認知症ケア専門士の資格を持つ、ぼくが書いています。

目次

この記事で得られること

  • 社会人から看護師になるにはまず何をするか?
  • 准看護師と正看護師の違いは何か?
  • 合格するために必要なことは何か?
  • ボランティア経験はなぜ必要か?
  • 学習スケジュールの立て方
  • 毎日勉強することをルーティン化させる方法

本当に看護師でいいのか?

クエスチョン

 「看護師に転職して失敗した」という人もたくさんいます。
転職先に看護師を考えている方は「自分はなぜ看護師になりたいのか?」「本当に看護師になりたいのか?」ということを振り返りましょう。

 「他にも仕事はたくさんあるのに、仕事を辞めてまで、なぜ自分は看護師を選んだのか?」
ここをしっかりと相手に伝わるように、説明できることが重要です。

 あくまで自分の意志で主体性を持った志望動機が必要です。

ここがしっかりしていないと、この先の志望理由書作成と実際の面接・小論文をクリアすることが困難になります。

 「給料がよさそうだから」「安定してそうだから」といったような志望動機しか出てこない場合は、他の仕事を探した方が得策です。

 厳しいようですが、このようなレベルだと確実に不合格になるので、違う仕事を探した方が時間も労力も無駄にしません。

いきなりだけど、ここはマジで大事。
ここがしっかりしてないと後々合格できなくなるよ。

👉僕が見た「看護学校社会人入試:不合格・落ちやすい人の特徴4選!!」

【無料資料請求】
看護学校の資料請求はこちらから

どうぞ!!

看護師はそんなに甘いものではない

 実際に看護師の仕事は肉体的にも精神的にもハードです。
それに世間が言うほどの高収入ではありません、収入だけならもっと高い仕事はたくさんあります。


 看護師になったからといって、確実に前の仕事よりも収入が増えたり時間ができるという保証もありません。
もちろん看護師になるデメリットもあります「生活が不規則になる」「責任が重くストレスが大きい」などです。

 「女性の仕事では高収入」「仕事にあぶれることはまずない」「転職先が豊富」といったメリットもあります。
 
 後で後悔しないためにも、看護師になるメリットとデメリットをしっかり理解しましょう。
そのうえで看護師になる決意を固めてください。

看護師はいうほど甘くないよ。
しっかり覚悟を決めてね。

👉元ブラック企業サラリーマンが解説します。社会人から看護師になるメリットとデメリット5選
👉社会人経験者のあなただからこそ、看護師に向いている二つの理由

看護師以外の道もある

 もし、あなたが看護師以外の道を選んだとしても、それは立派なあなたの決断です。
どんな仕事であれ、自信を持ってその道を進みましょう。

准看護師になるか?正看護師になるか?

2way

 看護師にも准看護師と正看護師があります。
どちらも看護学校に通ってから、資格試験に合格しなければなりません。

 准看護師は正看護師に比べると給料が低く、師看護師の下の位置づけですが、アルバイトしながら准看護学校に通えるというメリットがあります。
正看護学校に比べると准看護学校の入試は合格しやすいです。

 社会人の方は最短コースの正看護学校を目指す方が多いですが、かなりの高倍率です。
浪人して無駄な時間を費やさないためにも、社会人の方には准看護学校を併願をお勧めします。
すべり止めに併願しておけば、正看護学校に落ちても准看護学校に合格できるかもしれません。


 あなたの住んでいる地域や経済状況、同居している家族のことを考慮して、准看護師になるか正看護師になるかを決めましょう。

👉看護師を目指す社会人は准看護学校を併願しましょう

正看護学校は倍率が高い

 ほとんどの人が正看護師になりたいと思われるでしょう。
ですが正看護学校は合格率が低いです。
一般入試では最低でも3~4倍以上、社会人入試では10倍以上になります。


勉強内容も准看護学校の倍以上です、教科書だけでも准看護学校の10倍以上はあります。

正看護学校はどこも倍率が高いよ。

安全策は「正看護師に落ちても、准看護師になる」

 最初から正看護師を目指して不合格になることもありえます。
最悪、時間だけが過ぎてしまうことも充分考えられます。

 准看護師になってから正看護師になるコースもあります。
もちろん無条件でなれるわけではなくて、正看護学校を受験もしくは通信制の学校を受験し合格して所定の教育を受けてから、国家試験に合格しなければなりません。

 准看護学校は昼からの授業なので、働きながら通学できます。
なので、家庭や子育てのある方には向いています

まだ時間に余裕があるのでプライベートに割く時間があるので、途中で挫折する可能性も減ります。

 ぼく自身は准看護師を経てから看護師になりました。
安全策として「まずは准看護学校に入り、そこから看護師になる」もしくは「准看護学校と正看護学校を併願する」というように准看護学校も受験することが安全策です。

時間はかかるけど、准看護師から正看護師になるのが安全策だよ。
まずは看護師の世界に入ることが必要だからね!!

👉中卒から最短で看護師・准看護師になるためのロードマップ
👉中卒からなれる!!准看護師の給料・仕事内容・資格内容を教えて?

志望校を決める

チョイス

 あなたの学力、経済状況、通学できる範囲かを考慮して合格できそうな志望校を決めましょう。

情報収集:倍率と出題傾向を調べる

 志望校を決めたら情報収集です。
倍率と出題傾向を調べましょう、そのうえで出題傾向に合った参考書を選びましょう。
ネットで買うのも有りですが、実際に書店に行き複数を通し読みして、その中でわかりやすいものを選ぶことをおススメします。


 できれば過去問も入手しましょう、過去問はほとんど市販されていません。
ネットで探せばあるかもしれませんが、無ければ友達や知り合い関係に聞いて入手しましょう。

できれば過去問を手に入れよう。

オープンキャンパスに参加する

 志望校のオープンキャンパスに参加しましょう。
事前にパンフも入手しておくことをおススメします。

 オープンキャンパスに参加することで、「校風が自分に合ってるか?」「勉強する設備は整っているか?」を知ることができ臨場感を味わえ、モチベーションも高まります。

 面接の質問で「わが校のどこがいいと思いましたか?」というような質問がくることがあります。
オープンキャンパスに参加した経験があると、こういう質問にも答えやすくなります。

オープンキャンパスに参加するのは、マジでいいことづくしだよ。

合格するために必要なことを理解する

グッド

 よくある面接のテンプレの答えを丸暗記して答えても、確実に不合格になります。
看護学校は「看護師の適性がある人」「自分なりの看護観」を持っている人を合格させます。
そのためにも、最初に書いた「他にも仕事はたくさんあるのに、なぜ看護師を選んだのか?」ということが重要になります。
これらの質問に「あなた自身の言葉」で相手が納得できる返答が必要になります。

「あなた自身の言葉」ということが超重要だよ。
借り物の言葉は相手に響かないからね!!

ボランティア経験をする

 ボランティア経験をして、実際に患者さんや高齢者の方と接するとみえてくるものがたくさんあります。
例えば病院の患者さんだと「ずっと寝たきりだと気持ちが落ち込み、鬱になるんじゃないか?」
「ずっと寝たきりだと、逆に腰が痛くなるんじゃないか?起こすことも必要じゃないか?」
在宅の高齢者の方だと「足腰も弱っていて買い物も不自由してるんじゃないか?」などです。

 そのようなみえてきたことに対して、「あなたは看護師として何ができるのか?」
「何をしたらいいのか?」をしっかり考えてください、ネットでググって人の意見も参考にしてみましょう。


 こうして出てきたあなたなりの答えが、志望理由書作成・面接・小論文に大きく反映されます。
これが「看護師の適性」につながり「あなたなりの看護観」になってきます。


 このような大事なことを得るためにもボランティアは経験しておきましょう。

実際に患者さんや高齢者の方と接することで、あなたの言うことにリアリティが出てくるよ。

試験日から逆算して学習スケジュールを立てる

 これは言わずもがなですが、試験日から逆算して余裕を持った学習スケジュールを立てましょう。

欲張らずに余裕を持ったスケジュールを立てようね。

👉看護学校受験社会人入試 一般入試:受かる人がやっている一発合格するための勉強方法
👉看護学校受験:合格するには社会人入試と一般入試の両方受けよう

日々の勉強を継続し試験を受ける

勉強する女性

 試験日までは毎年恒例のレジャーはおあずけしましょう。
合格のカギは毎日の勉強にあります。

重要なのは「理解する勉強法」書いて覚えるは時間の無駄

 ただ長時間勉強したり、書いて覚えるということを繰り返しても理解できません。
こういう勉強法だと勉強したことが、あなたの身につくことはありません。

 じゃあ、どんな勉強法をしたらいいか?というと「理解する勉強法」です。
「理解する勉強法」とはテキストを読み「なにが言いたいのか?」「どこがポイントなのか?」
を意識して何度も繰り返し読むことで「理解する」ことができます。

この勉強法が「理解する勉強法」です。

👉社会人のための看護学校受験「理解する勉強法」理解し身につけるには?

毎日勉強をルーティン化させる

 勉強をルーティン化させる唯一の方法は「毎日勉強すること」です。
かといって、毎日必ず2時間3時間勉強するのは無理です、仕事でクタクタに疲れる日もあるでしょう。

 そこでコツは「毎日必ず10分でもいいから机に向かって勉強する」ことです。
10分やれば自然ともっとやってしまうものです、気づけば30分やっていたとかになっています。

机に向かうことにこだわる必要はありません、あなたが勉強しやすいスタイルで行いましょう。

ルーティン化させることは、誰でもできるよ。
モチベーションを保って頑張ろう!!

👉看護学校社会人受験のためのモチベーションとやる気の保ち方7選

看護予備校に通う

 独学だと解らないところができ、理解するまでに時間がかかります。
場合によっては理解が間違っていて、問題形式が変わると解けない場合もあります。
このようなことを避けるために、看護予備校に通うことをおススメします。

看護予備校に通うと、同じ志を持った友達もできて良きライバルとなるモチベーションも上がるメリットがあります。

👉看護学校社会人入試:合格するために必要な「看護観」を網羅した面接対策
👉看護学校社会人入試 :合格する小論文の書き方を教えて?実際に出題されたテーマのリンク先もあります。

試験を受ける

テストを受ける男の子

 1か月前ぐらいから体調管理をしっかり行いましょう。
あなたは今まで充分に努力してきました、合格に値するだけの実力を持っています。
試験では今までの成果を思う存分に発揮しましょう。

体調管理がしっかりできないと、マジで試験当日が水の泡になるよ。
しっかり体調を整えてね。

看護学校に通い国家試験を受験する

 看護学校に通い所定のカリキュラムを経て卒業します。
国家試験を受けて合格します、不合格の場合は来年また受験します。

国家試験合格、看護師免許が交付されます

喜ぶ男の子、女の子

 おめでとうございます‼
晴れて国家試験に合格しました、これで念願の看護師免許を取得できました。
あなたは正式に国から看護師として認められることになりました。

おめでとう!!
頑張った甲斐があったね。
私もうれしいよ!!

まとめ

  • 本当に看護師でいいのか?再確認する
  • 正看護師になるか?准看護師になるか?を選ぶ
  • 志望校を決めてオープンキャンパスに参加する
  • 合格するための「たった一つのこと」を理解する
  • ボランティア経験をする
  • 試験日から逆算し学習スケジュールを立てる
  • 「理解する」勉強法で勉強する
  • 毎日の勉強をルーティン化させる
  • 予備校に通う
  • 国家試験に合格し看護師免許を取得する

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。
あなたのことを陰ながら応援していますね!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる