社会人経験者のあなただからこそ、看護師に向いている二つの理由

受験対策

 私は今までずっとOLやってきたけど
看護師なんて特殊な仕事できるのかしら?

 社会人経験者だからこそ、わかっていることが
あるんです。
これはあなたの武器ですよ。

 今回は社会人経験者のあなただからこそ
看護師に向いている二つの理由
をお話しします。

 いまいち踏ん切りがつかないで、「私でも看護師になれるかな?」と
悩んでいる人も多いと思います。

 なにも臆することはありません、社会人経験者のあなただからこそ
今まで積んできた、たくさんの経験があります。
それは看護師になるのに大いに活かせます。


この記事が、そんなあなたの自信に少しでもつながればと思い、この記事を書きました。

この記事の概要

  • 社会人経験者は、患者さんサイドから物事がみれる
  • 社会人経験者は、ストレートできた看護師とは違った視点を持っている

理由①患者さんサイドから物事がみれる

 看護師は、患者さんサイドからも物事をみることが重要です。
看護師としての責務を果たそうとしてするあまりに、患者さんの状態をみることばかりを、重視してしまっていることが多いのが現状です。

ほとんどの看護師は、看護師サイドから物事をみている

 看護師は看護師サイドと患者さんサイドの両方から、物事をみなければなりません。
ですが、現状はほとんどの看護師は看護師サイドからしか、物事をみれていません。

 それはなぜでしょうか?
もちろん看護学校でも、看護師サイドと患者さんサイドの両方から、物事をみることは習っています。
原因は「看護師の仕事しか知らない」からです。

 看護師は患者さんの療養上の世話をして、患者さんの自己管理ができない時には、指導しなければならない時が多々あります。
自分がなまじわかっているために、患者さんに対して「自分の現状がわかってない」という上から目線の思いを抱きやすいのです。
患者さんの身になって考えてはみますが、自分では気づかない「どこか上から目線」でみてしまっているのです。

社会人経験者は看護師と患者さんの、両サイドから物事がみえる

 対して、社会人経験者は看護師と患者さんの両サイドから物事をみることができます。
 それは「他の仕事を知っている」からです。

社会人経験者は多くの人が、お客さんを相手に仕事をしていました。
そして、お客さんに商品なりサービスなりを買ってもらっていました。

時には商品サービスの説明や使用方法の指導を行いますが、ここで「自分の現状がわかってない」という、上から目線の思いを抱くことはありません。

 初めて商品やサービスを買うお客さんが「わからないのが当たり前」なのをわかってるので、「わからないのが当たり前、だからどうしたらいいのか?」と考えて説明や使用方法の指導を行います。
だから、社会人経験者は看護師と患者さんの両サイドから物事がみえるのです

理由②はば広い社会経験がある

 社会人経験者の幅広い社会経験は、患者さんを理解するのにとても役立ちます。

入院しなければならないが、仕事の都合で入院することを、否定的にとらえている方がいたとします。
社会人経験者なら、このような方の気持ちによりそって理解しながら、話を聞くことができます。
ですが、普通の会社に勤めたことがない人だと、ここまで相手の気持ちを理解することが難しくなってくるのです。

看護師は自分の業界の常識しか知らない

 看護師の世界では、営業での接待や下請けとのお付き合いというものは
ありません。
看護師の業界や病院関係という、同業者としか付き合いがありません。

 社会人経験者は、商品やサービスを買ってもらうことから、業者とのお付き合いは当たり前です。
立場の違うお客さんや下請けとのお付き合いは、必要不可欠なので自ずと、相手の業界の常識もわかるし理解できるのです。

社会人経験者はクレームや謝罪に慣れている

 看護師にも患者さんからのクレームや謝罪はありますが、まだ普通の会社とか
と比べると少ないです。
 看護師の世界しか知らないので、対応や謝罪も要領を得ていない場合が多いです。

 社会人経験者はクレームや謝罪に慣れており、普通の会社とかでは理不尽なクレーム
も多々あります。
人によっては土下座をしたことも少なくないでしょう。

このクレームや謝罪に慣れているという点が、看護師の世界にはない点であり、対応も要領を得ているので、処理もうまいのです。

他の看護師とは違った視点を持っている

 社会人経験者は、多職種の常識や立場をわかっていています。
だから、看護師の経験しか知らない多くの看護師とは、違った視点を持てるのです。

 相手の常識や立場をわかっていているから、相手から信頼を得る方法や、クレーム時の対応もわかっています。
そのため、看護師業界の視点以外からも物事をみることができるのです。

まとめ

  
MEMO
  • ほとんどの看護師は、看護師サイドから物事をみている
  • 社会人経験者は看護師と患者さんの、両サイドから物事がみえる
  • 社会人経験者は他職種の常識を知っている
  • 社会人経験者は相手の常識や立場をわかっていているから
    相手から信頼を得る方法やクレーム処理法を知っている
  • 社会人経験者こそ看護師に向いている
  • ほとんどの看護師は、看護師サイドから物事をみている
  • 社会人経験者は看護師と患者さんの、両サイドから物事がみえる
  • 社会人経験者は他職種の常識を知っている
  • 社会人経験者は相手の常識や立場をわかっていているから
    相手から信頼を得る方法やクレーム処理法を知っている
  • 社会人経験者こそ看護師に向いている

コメント

タイトルとURLをコピーしました