看護師の世界:女社会で生き抜くコツ5選!!

看護師の職場と仕事内容
ノブ
ノブ

こんにちは、元ブラック企業サラリーマンで現看護師のノブです。

https://twitter.com/nobuban1200s2

看護師の世界は普通の会社とは違う、ある種独特な女の世界です。
そんな女社会とはどういうものでしょう?

当然、普通の会社のような処世術とは違う「女社会で生き抜くコツ」が必要になります。

女社会で生き抜くコツってなに?

ある種独特な女の世界を生き抜くコツを、ブラック企業サラリーマンから、准看護師を経て看護師に転職し看護師歴16年。
ケアマネージャーと認知症ケア専門士の資格を持つ、ぼくが解説します。

この記事を読んでわかること

  • 女社会の特徴
  • 女社会を生きていくためのコツ5選

女社会で生き抜くためには

 女社会だからといって、変に身構える必要はありません。
当たり前ですが偏見を持たずに、きちんと相手を尊重して接することが大前提です。
普通の大人であれば、何も臆することはありません。

①女社会は結構めんどくさい

②とにかくよく喋る

 看護師の世界は「the女社会」です。
患者さんがいる病室ではともかく、詰所や控室ではとにかくよく喋ります。
大抵は、どうでもいいことや自分の家庭の話です。

 興味があればいいのですが、そうじゃなければ「わしゃ知らんがな」となります。
喋る方は気持ちいいかもしれませんが、聞く方はめちゃめちゃしんどいです。
よけいなストレスがたまります。

③話に合わせないといけない

 さすがにこれからの人間関係もあるので、全部聞き流すわけにもいきません。
仕事でわからないことを聞いたり、手伝ってもらうこともあるので、いくらか合わせることも必要です。
全く興味がないのに合わせないといけない、これはなかなかの苦痛です。

④噂話や陰口が多い

 これは「the女社会」の鉄版ですね。
どうでもいい噂話や陰口は「the女社会」の大好物です。
こちらがいても普通に噂話や陰口は、気にせずに続いています。
特に盛り上がる傾向があります。

⑤同調圧力がある

 女社会は同調圧力が強く働きます。
そのコミュニティを構成するメンバーの中に、それぞれ与えられた役割や求められるキャラクターがあり、それに反するようなことをすると迫害される傾向が強いです。

 いわゆる「いじられキャラ」にされると、本人が嫌がっても周りは「いじられキャラ」をその人に求めて、結果その人のストレスは溜まっていきます。
そして同調圧力はさ。らに強まっていきます

看護師の昼休み、けっこうめんどくさいウラ事情とは?

そんな女社会を生きるコツ5選!!

①集団に属しないキャラクターを作る

 仕事なので、全く集団に属しないということではないのですが、自分で「集団にドップリ漬からない」「集団に必要以上に属さない」というキャラクターを日々作ることが必要です。

 そういうキャラクターを作れば「ああいう人だから」となり、変ないじられキャラにされることも無くなります。

②仕事に集中する

 仕事に集中すれば話もしなくなりますし、たとえ周りが話をしていても、参加しなければならないような雰囲気は生まれません。

 ただ、集中してる時の周りの話し声は結構ストレスです。
そういう時はその場から離れて、できる仕事を見つけましょう。

③信頼できる仕事仲間を作る

 お互いに助け合い何かあったら、フォローできるような仕事仲間を作ることが必要です。
どの職場にも自分と合う人はいるものです、そういう人と仲良くなりお互いに助け合えるような関係を作りましょう。
そういう人にはこちらから、何かあったらフォローしていくことが必要です。

④話の最初は肯定して、後はほどほどに合わせる

 人間だれしも最初から話をスルーされたり、否定されたりしたら嫌なものです。
結果それが変な逆恨みを買ってしまい、攻撃されることもあります。

 対策は「話の最初は肯定して、後はほどほどに合わせる」ことです。
最初は肯定して相手を認めてあげることで、相手はいい気持ちになります。
そして後は、否定も肯定もせずに「なるほど」とか「そういうことありますね」くらいの返答であわせていけば相手は嫌な気持ちは抱きません。
ほどほどに合わせているので「受け入れてもらえた」と思えるでしょう。

⑤噂や陰口はスルー

 噂や陰口はスルーしましょう、たとえ自分がその場面にいても同調してはいけません。
参加しても徳はないですし、かえってトラブルに巻き込まれることもあります。
噂や陰口は言っても聞いてもプラスにはならないし、嫌な気持ちになるだけです。

聞こえないくらいの気持ちでスルーしていきましょう。

まとめ

 女社会にもいい面と悪い面があります、今回は悪い面の対策をご説明しました。
女社会を生き抜くコツは一言でいうと「必要以上に同調しない、自分のキャラクターを確立する」ということになります。
周りに流されず、自分のペースを保っていくことが大切です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました