病院以外でも働ける!!看護師免許で働ける職場5選

看護師の職場と仕事内容

看護師の働ける場所は、なにも病院だけではありません

思いもよらない場所で働くこともできるんですよ

今回は「看護師免許で働ける職場5選」をお話します。

この記事の概要と信憑性

この記事の概要

  • 「看護師は病院以外で働ける」ことを知らない方に向けて書きました
  • 看護師免許で働ける、5つの職場の概要とメリット・デメリット

この記事の信憑性

この記事を書いた人

この記事はブラック企業サラリーマンから准看護師を経て看護師に転職し看護師歴16年。
ケアマネージャーと認知症ケア専門士の資格を持つ管理人が書いています。

高齢者施設

 介護老人保健施設、介護老人福祉施設など、いわゆる「老人ホーム」には看護師が必要です。
施設によって利用者さんの、要介護度に違いがあり重症度も違います。

仕事内容は「施設利用者の健康管理」です。
具体的には、検温・服薬管理・ガーゼ交換などの簡単な医療処置・介護職員へ医療知識の指導などです。
高齢者なので急変することも多く、的確な判断と迅速な処置能力が求められます。

メリット

  • 施設によって、ゆったりと仕事ができる
  • 利用者一人一人によりそった看護ができる

デメリット

  • 医療行為が少ないので、注射などの看護技術が鈍ることがある
  • 急変時の判断など、責任が重い判断を要求されることも多い

訪問看護ステーション

 在宅で医療行為を必要とする方の自宅を訪問して、医療行為や看護ケアを行います。
基本的に一人で訪問し、その方の検温・服薬管理・必要時には医療処置・健康管理を行います。
一人なので、その方の小さな変化にも気づける観察力と洞察力が必要になります。

メリット

  • 利用者一人一人によりそった看護ができる
  • その方に最も適した看護を提供できる

デメリット

  • 急変時には一人で判断しなければならない
  • 判断を誤れば、その方に必要な看護を提供できない

看護学校の教員

 准看護学校・看護学校の教員として働くことができます。 
そのためには、看護師免許取得後に病院などで5年間の臨床経験を経てから、看護教員として必要な一年間程度の研修や講習を受けることが必要です。
 
 教員ですから、勉強を教えるだけでなく生徒の生活指導や部活動の顧問になることも求められます。

メリット

  • 自分が教えた学生の成長を感じられる
  • 給料が安定している
  • 看護師免許を取得した教え子を祝うことができる

デメリット

  • 残業が多く寮がある場合は昼間授業した後に、夜は宿直もしなければならない
  • 実習の引率もあるので、平日に休むことはできない

保育園

 仕事は基本的に「保育のお手伝い」ですが、園児が急変したケガをした時に対応します。
残業もなく、基本的にゆったりと仕事ができます。

メリット

  • 残業・夜勤がない
  • ゆったりと仕事ができる

デメリット

  • 何かあったら園児の親へ説明・対応しなければならない
  • 医療行為が少ないので、看護師としてのスキルが落ちる

産業看護師

 企業の健康管理室などにに勤める看護師です。
その企業の従業員のケガや急病の対応、健康管理やメンタルヘルスも担当します。
その為、幅広い知識とスキルが要求されます。
病院のように患者さんばかりではないので、デスクワークが中心になります。

メリット

  • 企業によって福利厚生が充実している
  • 日勤の身で夜勤がない
  • 急変がほとんどないので精神的に負担が少ない

デメリット

  • 求人が少ないので、倍率が高い
  • デスクワークが多いのでパソコンスキルは必須

まとめ

  • あなたにあった働き方で、職場を選ぶことができる
  • たとえ働いた職場の働き方が合わなくても、全く違う環境の職場で働くこともできる
  • 病院では得られないスキルを得られる職場もある

コメント

タイトルとURLをコピーしました