看護学校社会人入試:受かる人に共通する「看護観」を身につける方法

受験対策
ノブ
ノブ

こんにちは、元ブラック企業サラリーマンの現役看護師ノブです。
https://twitter.com/nobuban1200s2

 看護学校受験に合格するには「看護観」を持つことが必要です。
看護観は人それぞれに異なるので、あなたなりの「自分なりの看護観」が必要になります。

じゃあ、その「自分なり看護観」はどのようにしたら身につくのでしょうか?
これは日常生活の中で身につけることができます。

日常生活の中で「自分なりの看護観」を身につけるにはどうしたらいいか?

このやり方を、准看護師を経て看護師に転職し看護師歴16年、他にケアマネージャーと認
知症ケア専門士の資格を持つ、ぼくが解説します。

この記事を読んでわかること

  • 看護学校に合格するのは「看護師の適性がある人」
  • なぜ、合格するのに「自分なりの看護観」が必要なのか?
  • 「自分なりの看護観」を持つと質問の答えに差別化が図れる
  • 「自分なりの看護観」を身につける方法と具体例

受かる人に共通する「自分なりの看護観」ってなに?

  受かる人に共通する「たった一つのこと」とは「看護師の適性」である
「自分なりの看護観」を持っているかということです。

 下記は「自分なりの看護観」についての記事です。
あわせて、お読みください。

 

なぜ「自分なりの看護観」が必要か?

 

看護学校は看護師を養成するための学校です。
ですので、「看護師の適性」である「自分なりの看護観」がある人を、入学させたいと考えています。

看護学校は「看護師の適性」をみている

 では、「看護師の適性」がある人とはどんな人でしょう?
「学習意欲があるか?」?「熱意があるか?」「看護師になりたい理由がしっかりしているか?」「看護師の仕事を理解しているか?」
これらも「看護師の適性」として必要なことです。
 
 しかし、一番重要なのは「自分なりの看護観」を持っているか?ということです。
「看護師の適性」には「自分なりの看護観」は不可欠です。

「自分なりの看護観」とは?

看護観とは
・看護師として、患者や患者に関する問題に対して、どのような看護を行うか
・看護師として、何か健康リスクがある問題に対して、どのように考えるか。
 どのような対策をするかするか。


簡単に言うと「自分なりの看護観」とは、「あなたなりの看護に対する考え方」です。

看護学校が重要視すること    
               
「自分なりの看護に対する考え方」
       ↓
「自分なりの看護観」

  この「自分なりの看護観」を持つことで、他の受験者から差別化することができます。

 現実問題は「給料が高いから」「安定しているから」という理由だけで、看護師を志望する人も多いのが現状です。
これらの理由もわかりますが、これらが土台だと志望理由に「看護師になりたい」という明確な理由がみえません。

看護学校側からは「本当に看護師になりたいんだろうか?」とみられ不合格になります。

 対して「自分なりの看護観」があると「看護師になりたい」理由にも具体性があり説得力が出てきます。
学校側からも「自分なりの看護観」を持つているとみられ合格につながります

社会人入試は「看護師の適性」が有るか無いか?をみている。そのために「自分なりの看護観」が必要

 看護学校に合格する人は「看護師の適性」がある人です。
志望理由書・小論文・面接で聞かれる、全ての質問は「看護師の適性」が有るか無いかをみるためのものです。
そして、一番重要なのは「自分なりの看護観」を持っているかです。

 「自分なりの看護観」を持っていなければ面接や小論文の回答も、どこかのサイトや本に載ってるような、ありきたりの模範解答になるでしょう。
給料の高さや安定が理由の受験者も、この程度の勉強はしてるので、これらの人とも差別化は図れません。
 
 対して「自分なりの看護観」を持っていると志望理由書・小論文・面接にも一貫性がでて、看護師になりたい理由も明確になり説得力も出てくるので、他の受験者との差別化が図れ合格につながります。

「自分なりの看護観」を身につける方法

では、どうしたらこの「自分なりの看護観」というものは、身につくのでしょうか?
難しいものではありません、誰でも身につけることができます。

「自分なりの看護観」はどうしたら身につくか?

答えはシンプルです。
「自分が看護師として、問題にどう考えてどう行動するか?」
を考えることです。

この問題は「自分や家族の病気や健康、時事問題、医療問題など」どんなものでも構いません。
様々な問題について考えることで、幅が広がり質問の答えにも、広く対応できるようになります。

        「自分なりの看護観」の身につけ方
              ⇓
 「自分が看護師として、問題にどう考えてどう行動するか」

具体例を出して説明します

 例えば面接で『コロナウィルスに対して「あなたの考え」を教えてください?』と質問されたとします。

 「自分なりの看護観」がない例
『感染予防のために、三密をさけて出かけるときは、必ずマスクをして帰宅してから、うがいと手洗いを念入りに行うことです』

        
これでは、ただの一般論で終わります。

 「自分なりの看護観」が入った例
『コロナウィルスの感染予防は、方法を理解するだけでは効果が薄くなり、方法だけになる恐れが充分にあります。「なぜマスク・うがい・手洗いが必要で、その根拠をは何か?」を説明し理解してもらうことが感染予防の大前提です』

                 ⇓
 これだと、コロナウィルスの完全予防に対して「なぜマスク・うがい・手洗いが必要で、その根拠が何かを説明し理解して、正しい知識と対策方法を知ってもらうこと」ということが、先ほどの「自分が看護師として、問題にどう考えどう行動するか?」にあたります。
                 ⇓
 これを、もっと視野を拡げていくと「様々な病気や健康問題に対して、なぜその対策が必要であるのか」
「その根拠が何かを説明し理解してもらい、正しい知識と対策方法を知ってもらうこと」が「自分なりの看護観」になります。

 このように、「自分なりの看護観」を持つことで、質問の答えに自分の考えが入り、論理性や説得力が増してきます。
 

普段の生活の中で
・時事問題
・医療問題
・自分や家族の病気や健康など
自分なりの看護観」でみてみましょう

これが「自分なりの看護観」を身につける最善の方法です

(ほかのサイトや本などでほかの人の看護観を聞くことも大事です)

・すぐには身につかないので、最低でも半年はかけるつもりで、日々の生活の中に採り入れましょう。

・独りよがりにならないように、家族や友達にも聞いてもらい、修正すべき点は修正しましょう。

まとめ

MEMO
  • 看護学校は「看護師の適性」がある人が合格する
  • 「看護師の適性」には「自分なりの看護観」を持つことが不可欠
  • 「自分なりの看護観」とは「自分なりの看護に対する考え方」
  • 「自分なりの看護観」の身につけ方とは「自分が看護師として、問題にどう考えてどう行動するか」
  • 日々の生活の中で「自分なりの看護観」を身につける訓練を
    行う

コメント

タイトルとURLをコピーしました