准看護学校の学生生活ってどんな生活なの?

准看護師になるには?

准看護学校に入学すると准看護学生になるよね
准看護学生ってどんなことするの?
普通の大学生とかとは違うの?

普通の大学生とかとは全くちがうし
生活そのものも変わってくるよ
今回は准看護学生の生活をくわしく説明しよう!!

この記事を読んで得られること

  • 准看護学校は全日制と半日制がある
  • 准看護学生の収入源
  • 准看護学生の仕事、働き方
  • 御礼奉公とは?
  • 准看護学校の勉強と学生生活
  • 准看護学校の年齢層
  • 正看護学校に進学するためにやっておくこと

准看護学校の形態と准看護学生の通い方

准看護学校には全日制と半日制がある

全日制
学校によって変わってきますが、週3回から週5もしくは6回で、朝から夕方まで授業を行います。
2年制で2年生から病院での現地実習が入ります。
朝から夕方まで学校なので、平日の医療機関でのアルバイトは難しいです。
ですが、休みの日に医療機関でのアルバイトをすることができます。

半日制
これも学校によって変わってきますが、平日週5から6回で、夕方もしくは夜から授業を行います。
2年制で2年生から病院での現地実習が入ります。
学校に行くまでの時間、平日の午前中から夕方までを、医療機関でのアルバイトなどに充てることができます。

准看護学生の収入源

医療機関でのアルバイト

今までの貯蓄で学生期間の2年間を過ごせる人はすくないでしょう。
全日制は少し大変ですが、半日制なら時間があるのでアルバイトをしている
人が多いです。
アルバイト先は普通のコンビニとかも可能ですが、アルバイト自体が勉強になる
医療機関でアルバイトをしている人がおおいです。

医療機関でのアルバイトは看護助手業務になります。
直接的な看護業務は免許がないので行えません。
具体的な仕事内容は掃除、おむつ交換、入浴介助、食事介助、トイレ介助、寝具交換
といった内容です。

准看護学生のお礼奉公とは?

准看護学生の勉強と学生生活

准看護学校の勉強内容

ぼくが通った准看護学校では看護の専門科目の他に国語、英語、体育がありました。
専門科目では院内実修で「ベッドメイキング」「注射」「食事介助」「バイタル測定」
などがあります。
看護の専門科目は初めて習うことばかりですから、とても新鮮味があり面白いです。
国語、英語、体育は高校程度のもので新たに難しいことはやりません。

なぜこれらを勉強するかというと准看護師になってからも役立つからです。
国語は患者さんとの会話力や読解力、英語は臨床現場で役立つ英語と外国人の患者さん
に対応するため、体育は健康で体力のある身体をつくるためです。

中間テスト、期末テスト、模試などテストも多く日中のアルバイトもあります。
ですので基本的に遊ぶ時間はないと思った方が無難です。

2年生からは看護実習が始まる

2年生からは学校での座学のほかに病院や施設での看護実習が始まります。
実習では今まで習ってきた知識をフル活用し、わからないことは徹底的に調べる
受け持ち患者さんとのコミュニケーション能力も必要となってきます。
実習とは今まで勉強してきたことプラスαを試される場といえます。

実習時間は朝8時30分から15時くらいまでです。
そのあとで学校に行き実習記録を書き翌日の行動計画を立てます。
翌日は行動計画に基づき行動するというのが実習の流れです。
実習期間中は学生指導の看護師がついて指導してくれます。
場合によっては、受け持ち患者さんが気難しいとか、学生指導の看護師が
厳しすぎるということも時にはあります。
ですが、終わってみればこれもいい思い出になりますので頑張りましょう。

はっきりいって実習期間中は1年目以上に超ハードです!!
実習終わったあとで、すぐテストも珍しくないので
覚悟を決めて頑張りましょう!!

准看護学生の学生生活

先にも書いたように准看護学生の生活はかなりハードです。
ですが、楽しいこともたくさんあります。

最近は社会人を経験してから看護系の学校に通う人も多いので、クラスには様々な年齢の人達がいます。
高卒で入った人もいれば20代や30代の人もいます。
様々な年齢層や様々な職業を経験した人たちと交流できるので、新たな価値観や考え方に触れることができるいい機会でもあります。
たとえ自分が一番の年長者であったとしても、なにも気にすることはありません。
様々な年齢のクラスメイトとフランクに付き合いましょう。

学校によっては文化祭や修学旅行もあります。
年齢を気にすることなく、あらたな学生生活を楽しみましょう。

正看護学校進学のために准看護学生時代にやっておくべき「たった一つのこと」

それぞれの置かれた境遇があると思いますが、正看護師になったほうが将来性や収入面を含め断然にいいです。
ぼくも准看護師として2年間働きましたが、たとえ時間がかかったとしても正看護師になったほうが断然いいです。
身をもって正看護師になっておいてよかったと思っています。

そこで、正看護学校に進学するために准看護学校時代にやっておくべき
「たった一つのこと」とは

准看護学校時代に優秀な成績をおさめる」ことです。
普段から積極的に質問し、授業に集中し、院内実習、病院実習にも積極的に取り組み
できる限り優秀な成績をおさめ、素行不良なことはせず内申点も優秀な点をおさめる。
2年間、一生懸命にまじめにということです。

なぜかというと、正看護学校受験の際には必ず准看護学校時代の内申書が必要になります。
入試の点数が同じ点数ならば、内申書の評価が良いほうが合格になります。
なので「准看護学校時代に優秀な成績をおさめる」ことが必要なのです。

まとめ

  • 准看護学校には全日制と半日制がある
  • 准看護学生の収入源はアルバイト、礼奉公がある
  • 准看護学校の勉強内容は座学と実習がある
  • 准看護学校には様々な年齢層の人がいる
  • 正看護学校進学のためには准看護学校時代の優秀な成績が必要

コメント

タイトルとURLをコピーしました