ブラック企業で心身共に病んだ経験のある僕が、看護師への転職方法・勉強方法・様々なノウハウをお話します!

看護師の前残業は当たり前?ただ働きサービス残業は当然のこと?

看護師の前残業は当たり前?ただ働きサービス残業は当然のこと?

前残業もサービス残業も本当は違法です

皆さんは看護師の前残業って知ってますか?

ざっくり言うと「始業時間前から仕事の準備や仕事そのものを始めること」です。

なんだかモヤモヤっとした、矛盾したものを感じますよね。

実はこの前残業って看護師業界では、メッチャ多いんですよ(汗)

新人ナースちゃん

それじゃあ、初めから通常の仕事にしたらいいんじゃね?
結局、仕事じゃん

先輩ナースちゃん

仕事なんだから?、残業代はもちろん貰えるんだよね?

当然、仕事をしてるんですからこういう疑問が出てきますよね。

じゃあ、この前残業とついでにおなじみの後残業のことってどうなんでしょう?

この記事では前残業・後残業について解説します。

この記事の内容
  • そもそも前残業とは何なのか?
  • ほとんどの病院では前残業は当たり前になっている
  • 若い人や新入職者ほど残業をさせられる
  • 前残業は請求できるのか?
  • 請求できない理由ベスト3
  • 残業をなくすには?
目次

この記事を書いた人

そもそも前残業ってなに?

朝日のオフィス

普通に残業といえば、定時に帰らずに仕事をすることを皆さん想像されますよね。

誰もが残業は嫌なものです、それでは前残業とは何なのでしょうか?

前残業とは?

前残業と始業時間前から仕事を始めたり、仕事の準備を始めたりすることです。

つまり業務時間内に事前準備も含む仕事が終わらないので、始業開始時間前から前倒しで仕事を行うことです。

なんだか矛盾したモヤモヤっとしたものを感じますよね?

前残業は労働時間にあたらないのか?

早朝出勤や朝型勤務も、自発的なものではなく会社の命令によるなど一定の要件を満たす場合には、労働基準法上の「労働時間」にあたります。

労働時間にあたる場合には残業代を請求することができますし、早朝出勤を含めると1日8時間を超える場合には、割増賃金を請求することができます。

そこが知りたい!残業再請求 弁護士法人 東京新宿法律事務所

簡単に言うと自発的なものはあたらなく、会社の命令があった場合は労働時間とみなされ残業代を請求することができます。

自発的に行っているといっても、実際には職場の風潮があり自発的におこわなざるを得ない理由などがあります。

このように事例により自発的であっても、請求できる場合もあります。

新人ナースちゃん

本当に前残業は請求できるのかな?

ほとんどの病院では「前残業は当たりまえ」

不満そうな女性

前項の「早朝出勤や朝型勤務も、自発的なものではなく会社の命令によるなど一定の要件を満たす場合には、労働基準法上の
「労働時間」にあたります」とあるように、基本的には自らの意思で行う場合は労働時間とみなされず前残業を残業として認
められていません。

それ以前にほとんどの職場が、前残業を風習として当たり前のこと当然のこととしています。

前残業は当たり前でまかり通っているのが現状です。

新人ナースちゃん

こういう考えの管理職だと離職率も上がるんだよね。

若い人や新入職者ほど強制される

悩む男

この前残業は若い人やその職場に来て間もない新入職者ほど強要されます。

その理由は「まだ仕事を覚えてないから」「早く仕事に慣れるため」と言われることがほとんどです。

ぼくは前残業しないでクレームにあげられた

ぼくが以前に勤めていた病院での話です。

そこは8時30分が始業時間で雇用契約書にも明記されてましたが、日勤ではほとんどの人が8時に来て前残業をしていました。

夜勤は17時から始業時間ですが、ほぼ全員が15時30分に来てました。

早い人では2時間前の15時に来て前残業をしてました。


そんな風潮の中、ぼくは日勤を8時15分とか20分に行っていたら、詰所会議でクレームとして議題にあげられたことがあり、8時出勤を半ば強引に強制させられたことがあります。

その職場ではこれが当然で当たり前であり、当然前残業代を請求なんて論外という風潮でした。

今考えればこれが日本のほとんどの病院の平均像だといえます。

新人ナースちゃん

ほとんどの人が前残業に疑問を持たずにきてしまったんだね。

前残業だけでなく残業は「若い人や新入職者ほど」やらされる

悩む男

 前残業・後残業は若い人やその職場に新しく入ってきた新入職者ほど強制されます。

その理由は「まだ仕事を覚えてないから」「早く仕事を覚えるため」と言われることがほとんどです。


下記の表からその多さがわかります。

看護師の残業グラフ
出典:看護roo 「前残業」看護職の約7割が行うも、残業代を請求する人はわずか

ぼくは残業代の請求すら許されなかった

業務終了後のアフター5にその日は忙しかったため、日勤者全員が残業していた日のことです。

当時新入職者だったぼくも残業していて残業代を請求したら「あなたはまだ仕事覚えてないから仕方ないです、残業代は請求しないで下さい」と言われたことがあります。

これは後残業の例ですが、このような風潮は当たり前としてまかり通っているのが現状です。

先輩ナースちゃん

仕事覚えてなくても仕事してることに変わりはないんだけどね?
これって自分に都合のいいセリフだよね。

小さなことでもパワハラを受け続けると、人は壊れてしまいます。
👉パワハラを受け続けるとどうなるのか?あなたの心と身体は壊れます。

悪しき習慣だが全く改善されていない

これって本当に悪しき習慣ですが、現在の看護部長や師長クラスがこの悪しき習慣で育ってきた世代です。

そのためこれが悪しき習慣だという意識が低く全く改善されていないのが現状です。

前残業代は請求できるの?

はてな男性

看護師の場合は風潮により前残業を行わざるを得ない場合であり、請求することができます。

しかし、請求していない人が77.7%もいるのです。

残業代を請求しない理由ベスト3

残業代を請求しない理由 ベスト3
  1. 請求できない雰囲気がある
  2. 上司に請求するなと言われている
  3. 請求できると思わなかった

なかなかブラックでパワハラな匂いのする理由ばかりですね。

医労連が調べたところ「一人あたりの不払い残業代は平均6万1000円を超えていた」っていわれています。

これはかなりヤバい数字ですよね?

残業代は出さないのが当然・当たり前の風潮がある

管理職側は前残業・後残業共に出さないのが当たり前の風潮です。

優先順位を決めて効率よく業務を行うことが大前提ですが、業務を詰め込みすぎて勤務時間内に終わらない業務内容の職場も少なくありません。

それでも終わらない現実は「仕事が遅いから」「効率よく業務を行っていないから」で片ずけられています。

残業をなくすには?

モップ

厳しい現実ではありますが、泣き寝入りするわけにはいきません。

ぼくら一スタッフができることを考えてみましょう。

打開策①一人一人の生産性とスピードを上げる

まず自分が行っていることをチェックしていきましょう。

「優先順位のつけ方は適切か?」「作業スピードは遅くないか?」「無駄な私語はしていないか?」

このような点を改善するだけで生産性もスピードも上がります。

打開策②チームワークを密にして連携して業務を終わらせる

チームメンバー間の連携を密にして、自分に余裕がある時はフォローにまわりましょう。

人間関係の好き嫌いも出てくると思いますが、いい機会なのでこの際に割り切ってしまいましょう。

副産物として嫌いな人の良い面がみえてくるかもしれません。

イヤな人との付き合いかたを解説します。
👉看護師の鉄板お悩み 職場のイヤな奴との付き合い方とは?

夜勤でイヤな人と当たった時の対処法です。
👉【看護師夜勤】夜勤で苦手なメンバーと当たった時の対処法5選!! 

打開策③それでもダメなら看護部長に相談する

自分達で改善できるところを改善しても、まだダメならば看護部長に相談しましょう。

看護部長は職場環境のマネージメントも仕事の一つです。

なにより看護部長もスタッフ時代はこの残業問題で悩んだでしょう。

今も残業問題で悩まされているはずです。

残業だらけでいよいよブラックなら転職を考えましょう。
👉 おすすめ看護師転職サイト3選:各サイトの「強み別」に解説します

まとめ

  • 前残業とは「業務時間内に準備も含む仕事が終わらないので、始業開始時間前から前倒しで仕事を行うこと」
  • 前残業も労働時間にあたる
  • ほとんどの病院では「前残業は当たりまえ」になっている
  • 前残業だけでなく残業は「若い人や新入職者ほど」やらされる
  • 前残業は請求できるが、ほとんどの人は請求していない
  • 前残業・後残業共に請求できない風潮がある
  • 残業しないために一スタッフができることを行う
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる