元精神科看護師が「精神科のみのキャリアに不安を感じる精神科看護師さん」の失敗しない一般科への転職をサポートします。

精神科看護師やめたい?|元精神科Nsの対処法とおすすめ転職先5選

当ページのリンクには広告が含まれています。
この記事はこんな人におすすめ
  • 精神科看護師を「続けるか?」「辞めるか?」迷っている人
  • 精神科勤務のストレス、暴言・暴力などの危険回避方法を知りたい人
  • 精神科看護師をやめた後どうすべきかわからない人
新人ナースちゃん

【今回のお悩み】
精神科看護師を続けるべきか?やめるべきか?迷ってるんだよね?

この記事はこんなお悩みを解決します。

筆者の経歴
  • 元精神科看護師、新卒で精神科病院に入職し精神科のみ10年経験する。
  • 精神科のみ10年経験後、40歳で一般科(療養病院)に転職する。
  • 現在は一般科に勤務し13年目になる。
  • ケアマネージャー、認知症ケア専門士の資格あり
筆者のノブと申します。

精神科看護師は現代の超ストレス社会では必要不可欠な存在です。

またメンタルも体力も必要とされる大変な仕事です。

その反面「患者さんとの関りで自分が病んでしまう」「看護技術が身につかない」というストレスや将来への不安もあります。

そんななかで「精神科看護師を続けるべきか?」もしくは「一般科にに転職したいがやっていけるのか?」どちらをとるか悩む精神科看護師は多いです。

結論:あなたの状況により「精神科看護師を続ける」「一般科に転職する」どちらの選択も正しいです。

ですが、このまま精神科看護師を続けるためには何らかの対策が必要です。

また、一般科に転職するにも事前準備や転職活動を考えておくことが必要です。

この記事では「精神科看護師を続ける」ための対策と「一般科に転職する」ための事前準備や転職活動のやり方を解説します。

最後までお読みいただければ、今のあなたのにとって最善の選択をしていただくことができます。

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料・情報収集だけでもOK

目次

精神科看護師を辞めたい理由

精神科に勤務していると「自分が病んでしまう」「患者さんからの暴言・暴力」など一般科にはない様々なストレスがあります。

「精神科看護師を辞めたい」となる代表的な理由を解説していきます。

患者さんのネガティブな言動で自分が病んでしまう

精神科看護師は傾聴が必須です。

ですが実際にはネガティブな話が多くマイナスな訴えばかり聞いていると、こちらが病んでしまうことも多いです。

また他患の悪口や家族・友人の悪口などで「看護師さんもそう思わない?と対応に困る場面も少なくありません。

このような患者さんのネガティブな言動で自分の心が病んでしまうのです。

患者さんからの暴言・暴力

精神科では患者さんからの暴言・暴力は本当に多いです。

暴言・暴力はメンタルも身体もやられてしまいます。

患者さんからの暴力でケガしたというのはもはや「精神科あるある」です。

2013年には北海道三笠市で精神科医が患者に刺されて死亡する事件が起きています。
(参考:診察室で医師刺殺の疑い 北海道三笠、患者を逮捕

職場の方針と自分の看護観が合わない

精神科も病院によって治療方針や特色が違います。

薬物療法主体の病院もあれば、対症療法主体の病院もあります。

「自分がどんな看護がしたいか?」勤めている病院と自分の看護観が違うと仕事のやりがいも無くなってしまいます。

看護技術・身体アセスメント能力が身につかない

多くの精神科看護師が看護技術・身体アセスメント能力が身につかないことに悩んでいます。

精神科だと基本的な看護技術しか行いません

ですが急変することもありますし、ターミナルの患者さんを診なければならない時もあります。

そんな時に精神科経験しかないと困る場面が多々あります。

業務量が多い

精神科は入院時の荷物チェックや服薬確認など、一般科に比べて細かい業務が多いです。

ADL・IADLが確立していない患者さんも多いので、歯磨きや洗顔の指導まで行うことも珍しくありません。

私はこのような業務が非常に多い病棟にいた経験があります。

一日のほとんどが患者さんの身の回りのケアなので「看護師じゃなくてもいい仕事だ」と仕事にやりがいを持てなくなりました。

精神科看護師を辞めたい理由への対処法

それでは前述した「精神科看護師を辞めたい理由」へのそれぞれの対処法を解説していきます。

「ネガティブ感情で病んでしまう」には「自分の感情コントロールする術を学ぶ」

プライベートで気気分転換する。

運動、好きなテレビや映画を見るなど、ご自分の好きなことならなんでもかまいません。

または看護記録に詳細に書く。

人はいやなことを書くことで、そのことを脳から出すことができます。

看護記録に書くなら仕事にも役立ちますから一石二鳥です。

引きづらないでその場で終わらせてしまいましょう。

「患者さんからの暴言・暴力」には「接し方・暴言・暴力への対処法」を勉強する

危険を回避するには患者さんへの接し方を勉強しましょう。

大前提は危険を感じたら「助けを呼ぶ」「その場から逃げる」「一人で対応しない」「男性職員と対応する」ことです。

いつもと様子が違う時は距離を取る、違和感を感じたら相手の感情に巻き込まれないようにするなどです。

難易度は高くなりますが、暴力には護身術を学ぶことで対処することができます。

女性の方には痴漢対策にもなりますのでご参照ください。

「職場の方針が合わない」なら「違う精神科に転職する」

職場の方針が自分の看護観に合わない場合は違う精神科に転職するのがおすすめです。

あなたが管理職となって方針を変えていくという道もありますが、管理職と医師・経営陣を巻き込んで変えていくのは、一生涯かかっても成功しないかもしれません。

それならあなたの看護観に合う精神科病院に転職したほうが早いし確実です。

今は昔と違い働き方を自分で選べる時代です。

レバウェル看護であなたの看護観にピッタリな精神科をさがしてみませんか?

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料、情報集だけでもOK

「看護技術が身につかない」には「外部研修に参加する」

看護技術・身体アセスメント能力を身につけるには、外部研修に参加しましょう。

>>全日本病院協会では医師の他に看護師向けのセミナーも開催されています。

まずは興味のあるセミナーに参加してはいかがでしょうか?

「業務量が多い」には「業務改善を提案する」

業務改善を提案してみましょう。

詰所会議で議題に出してみるのが一番簡単です。

「できる範囲で看護助手さんにも手伝ってもらう」「患者さんの身の回りのケア担当のフリー業務を作る」など改善案がでてきます。

以上の対策を試してみて「精神科看護師を辞めたい」という気持ちがなくなってきたら、もうしばらく精神科看護師を続けてみましょう。

試してみても「精神科看護師を辞めたい」という気持ちが変わらないなら、一度休職してみるか他科への転職を考えてみましょう。

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料、情報集だけでもOK

危険信号、こんな方は自分を守るため休職か転職しましょう

精神科看護師は心身ともにハードな仕事です。

場合によっては自分のメンタルを病んでしまう方も少なくはありません。

下記に当てはまる方は、無理をせずにしばらくお休みするか他科への転職を考えましょう。

ストレスで心身に支障をきたしている

精神科勤務のストレスで心身に支障をきたすことがあります。

一番危険なのは原因不明の>>心身症です。

私も心身症になり、朝起きたらめまいで立てなくなったことがあります。

心は「このままじゃ危険だから身体を悪くして、早くストレスに気づかせよう」と身体になんらかの支障を与えて、心理的ストレスを気づかせようとするのです。

また精神科勤務のストレスでうつになる場合もあります。

下記がうつの初期症状です。

うつの初期症状
  • 毎日イライラしている
  • ぐっすり眠れない、夜中に何度も目が覚める
  • とつぜん動悸がしたり、息苦しくなる
  • 理由もなく不安になる
  • 以前はあったやる気が出ない

こうした症状があるのに無理に精神科看護師を続けていて、気づいたら深刻なうつになっていたということもあります。

今一度「ご自分の場合はどうか?」振り返ってみましょう。

もしメンタルが病んでいたら「傷病手当金」がもらえます

もし、なんらかの精神疾患になっていたら申請することで>>傷病手当金(最大1年6ヶ月支給)をもらうことができます。

休職してみてから「精神科看護師を続けるか?」もしくは「他科へ転職するか?」考えても遅くはありません。

休職を認められなかったら、いっそ退職したほうがいいかもしれません。

この場合は傷病手当金の他に>>失業給付金ももらえます。

二つ合わせると最大2年6ヶ月の給付をもらえるので、その間に心身を休めて転職活動を行えます。

精神科にやりがいを感じない

熱意を持つて精神科に入職しても理想と現実のギャップで、いつのまにか精神科にやりがいを感じなくなってしまうことがあります。

「あと1年やったら精神科に面白さがわかってくる」という人もいますが、人は興味の対象が変わることがあります。

悪いことではありません、自分の感情を認めることも大切です。

精神科以外にやりたいことがある

「他の科で働きたい」「看護師以外の仕事をしてみたい」といった精神科以外にやりたいことができることもあります。

この場合は早めに他科に転職するか、もしくは他の職種に転職した方がいいでしょう。

熱意とやる気が無くなると、精神科看護師を続けるのが辛いだけになります。

それならやる気の持てる仕事に転職したほうが幸せな看護師人生を送れます。

自分が働いてみたい科をさがしてみませんか?

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料、情報集だけでもOK

他の仕事に興味がある方には「マイナビ転職エージェントリサーチ」がおすすめです。

こちらはマイナビが運営する「500名以上の転職エージェント、300社以上の人材紹介会社を通じて、あなたにピッタリな企業(求人)と出会うことができる転職情報サイト」です。

この機会に「どんな仕事があるか?」みてみませんか?

\あなただけのスカウトがきっとくる!!/

完全無料、情報集だけでもOK

では、精神科看護師を辞めた後はどの科で働くのがいいでしょうか?

精神科看護師を辞めた方には「一般科の慢性期」がおすすめ

「精神科に疲れてしまったが、看護師の仕事は辞めたくない」という方には「一般科の慢性期」がおすすめです。

私も精神科から慢性期の医療療養病院に転職しましたが、転職して正解でした。

下記がおすすめする理由です。

一般科の慢性期をおすすめする理由
  • 看護技術・身体アセスメント能力が身につく
  • 急変対応ができるようになる
  • 急性期病院ほど忙しくないので無理なく働ける
  • 残業が少なく定時に帰れる病院が多い
  • 残業が少ないのでプライベートも確保できる

「慢性期なら勉強にならないよね?」と思う方もいらっしゃいます。

そんなことはありません。

慢性期でも「看護技術」「身体アセスメント能力」は充分に学べます。

急変もターミナル看護もあたりまえなので、一般科看護師としての経験が積めます。

慢性期ならほどほどの忙しさなので、無理なく働けて途中で挫折するリスクが少ないです。

時間に余裕があるので帰宅してから勉強もできますし、プライベートの時間も充分あります。

下記記事で慢性期をおすすめする理由を解説します。
>>【精神科から一般科へ看護師転職】急性期と慢性期はどっちがおすすめ?

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料、情報集だけでもOK

もし精神科に戻っても一般科経験者は「役職候補」になれる

一般科に転職してから「やっぱり私には精神科が向いている」と精神科に戻る方もいます。

そういう方は精神科では頼りにされます。

私の知り合いの一般科から精神科に転職された方は、急変対応や身体アセスメントなど院内勉強会の講師を頼まれ活躍されています。

私が勤めていた精神科でも一般科からきた方は役職に就く方が多くいました。

精神科看護師を辞める前にこれだけはやっておきましょう

精神科看護師を辞めたいと思っても、勢いで辞めてしまってはいけません。

場合によっては後悔することにもなりかねません。

「なぜ辞めたいのか?」「辞めた後なにをしたいのか?」などはっきり答えられるようにしておくことが必要です。

辞める理由を明確にする

ただ「精神科を辞めたい」というような具体性のない理由ではいけません。

もっと具体的にして転職先の面接でも通用するような理由が必要です。

例えば「精神科では一般科スキルが身につかないので辞めたい」「これ以上患者さんの暴言や暴力にさらされたくない」といった理由です。

精神科を辞める理由をはっきりしておけば「自分のやりたいこと」「自分の希望」もはっきりしてきます。

≫こちらで精神科を円満退職するための退職理由を解説します。

退職後の「自分のやりたいこと「転職先への希望」を明確にする

精神科を辞めた後に自分が「なにがしたいか?」と「転職先への希望すること?」を明確にする必要があります。

あなたがやりたいこと「一般科に転職してスキルアップしたい」もしくは「しばらく休んでから転職活動したい」など具体的に決めておきましょう。

また転職先への希望は最低限下記はおさえておきましょう。

転職して長く働くために必要なことです

長く働くための転職先へ希望すること
  • 教育体制がしっかりしている
  • 教育体制がしっかりしている
  • パワハラなどなく働きやすい

精神科での経験をプラスに捉える

「精神科での経験はあまりプラスになっていない」といわれる方もいますが、そんなことはありません。

精神科での経験は他の科に転職したとしても、看護師以外の仕事に転職したとしても必ずどこかで役に立ちます。

精神科看護師は傾聴スキルや不穏な患者さんへの接し方はとても上手です。

このスキルは他に科でも役立ちますし、他の仕事についたとしてもクレーム処理で役立ちます。

精神科での経験に自信を持っていきましょう!!

転職活動中の生活費を把握する

一般科にすぐ転職するのならお金の心配はいりません。

ですが、一般科転職にするまでに時間がある場合はその間の生活費が必要です。

長引く場合も考えて、3ヵ月~6ヶ月分の生活費は用意しておきましょう。

転職活動中は失業保険をもらう

「あせらずじっくり転職活動をしたい」「少し休んでから転職したい」という方でも転職期間中の生活費はかかります。

今まで雇用保険を払ってますので、申請すると失業保険をもらえます。

失業保険の額は働いていた時の給与の50~80%ほどです。

大雑把ですがだいたい下記の金額になります。

離職前の給与(月収)月々もらえる失業手当
25万円12万5千円~20万円
30万円15万円~24万円
35万円17万5千円~28万円

失業保険の支給期間は雇用保険の加入期間によって90~150日の間で変動します。

自己都合退職の場合は2か月間の給付制限期間があり申請してからの2か月間は給付をもらえません。


また離職後はすぐにハローワークで申請手続きを開始してください。

手続きが遅れるほど給付開始も遅れます。

私もすぐに申請しないで給付が遅れた経験があります。

支給されるまでの間は自分で生活費を工面しなければならないので、2ヵ月~3か月分の生活費は貯えておきましょう。

>>こちらのサイトで失業保険のくわしい計算方法がわかります

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料・情報収集だけでもOK

精神科からの転職におすすめ医療施設5選

「一般科の慢性期」の中でも「どの科?」が働きやすいでしょうか?

特に働きやすい5つの科を解説します。

医療療養病院

スキルアップしたい方には医療療養病院がおすすめです。

急変やターミナル看護はもちろん、呼吸器や輸液ポンプなどのME機器操作など一般科で行う一通りのことは学べます。


急性期ほど忙しくないので、残業が少なく定時で変えれるところが多いのも魅力です。

医療療養病院で経験を積んでから、急性期へステップアップすることも可能です。

回復期リハ病院

回復期リハ病院は医療処置が少ないので、精神科からでも違和感なく働けます。

ADL介助が多いので肉体的には負担が多く、腰痛などお持ちの方は注意が必要です。


在宅復帰や復職を目指している患者さんが多く「自宅や仕事に戻ってやっていけるだろうか?」という不安を抱えています。

このような不安を受け止め、在宅復帰し復職後の生活を安全に送れるよう援助していくのが看護師の役目であり、精神科看護師のスキルを活かせる場でもあります。

外来看護師

外来看護師は高度な医療処置が少ないので、精神科看護師の転職に向いています。

多くの疾患を看ることができるのでスキルアップしたい方にも向いています。

医師の診察介助や検査の介助、入退院時の病棟との連携が主な仕事です。

外来患者さんの問診をすることが多いので、精神科看護師の傾聴スキルを活かすことができます。

老健・特養

老健・特養は医療処置が少なく、認知症の患者さんが多いので精神科スキルが活かせる転職先です。

ADL介助が多いので肉体的負担は多く、看護よりも主に介護が主な業務になります。

病状が落ち着いている方が多いので、ゆったり働きたい方に向いています。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは医師の診察介助や点滴・注射などの医療処置を行います。

患者さんのお宅に訪問するので高度な医療処置は行いません。

在宅で介護するご家族と患者さんの精神的ケアも必要なので、精神科スキルを活かせます。


多くの疾患を看ることができて、正確なアセスメントが求められるので、スキルアップしたい方には向いています。

最近は未経験者への教育体制が整っているところも多いので安心です。

選び方の基準にまよったら「スキルアップしたいか?」「ゆったり働きたいか?」という基準で選んでみましょう。

下記で分けたので参考にしてみて下さい。

スキルアップを目指す方はこちらがおすすめ
ゆったりと働きたいたい方にはこちらがおすすめ
  • 医療療養病院
  • 外来看護師
  • 訪問看護ステーション
  • 老健、特養


>>こちらで精神科看護師におすすめの一般科を解説します

\転職活動のすべてをサポート!! /

完全無料・情報集だけでもOK

精神科からの転職におすすめ看護師転職サイト

精神科から一般科への転職には「転職サポートが手厚い」「転職先の内部情報にくわしい」看護師転職サイトを使うことが重要です。

転職先の業務内容やパワハラの有無などの内部情報を把握しておかないと、最悪ブラック病院に転職することになってしまいます。

下記の3社は「転職サポートが手厚い」「転職先の内部情報にくわしい」のではじめの初心者も安心して利用できます。

精神科看護師におすすめの看護師転職サイト

「利用したらお金がかかるんじゃないの?」などの心配はいりません。

3社とも下記のあんしんポイントがあります。

3社のあんしんポイント
  • 完全無料で利用できる
  • 情報収集だけでも利用できる
  • 希望の転職先がなければ転職しないでいい

転職成功のポイントは「看護師転職サイトを2~3社利用すること」です

引用元:リクルートエージェント

転職では半数以上の方が転職サイトを2~3社利用しています。

そして1社よりも多くのチャンスと採用を勝ち取っています。

これは看護師転職でも同じことです。

まよったらの2社を利用がおすすめです。

2社利用することで1社より多くの求人を紹介してもらえますし、サービスを比較してよりよい転職活動が行えます。

まずははじめの一歩が大切です。

この機会に登録して情報収集だけでもしておきましょう。

2~3年後にはスキルアップしたあなたに成長されています。

≫こちらでおすすめ看護師転職サイト3社を解説します

まとめ

「精神科看護師を続ける」「精神科看護師を辞める」はあなたの状況によって変わります。

患者さんの暴力や暴言などに対策を行い「精神科看護師を続けたい」という気持ちがあれば続けるのが正解です。

ですがストレスが心身に現われているなら、無理に精神科看護師を続ける必要はありません。

無理に続けるとあなたの心が壊れてしまいます。


一度、精神科看護師から離れてみましょう。

「休職してゆっくり考えてみる」「他科へ転職する」「興味のある多職種へ転職してみる」という選択肢があります。

精神科看護師だけが生きていく道ではありません。

あなたにとって幸せな人生を送れる道を選びましょう。

下記記事は精神科から一般科へ転職するための完全ロードマップです。

一般科に転職して辞めず長く働くために必要なことを充分につめこんでいます。

ぜひご参照ください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次