元精神科看護師が「精神科のみのキャリアに不安を感じる精神科看護師さん」の失敗しない一般科への転職をサポートします。

精神科看護師の転職は不利?|一般科で辞めずに働くため必要なこと10選

当ページのリンクには広告が含まれています。
この記事はこんな人におすすめ
  • 精神科から一般科に転職したい看護師さん
  • 精神科から一般科への転職に不安がある看護師さん
新人ナースちゃん

【今回のお悩み】
精神科から一般科に転職します。
一般科で辞めずに働くには、どんなことに気をつけたらいいですか?

この記事は精神科看護師さんが一般科に転職してから、長く働くために気をつけることを解説します。

筆者の経歴
  • 元精神科看護師、新卒で精神科病院に入職し精神科のみ10年経験する。
  • 精神科のみ10年経験後、40歳で一般科(療養病院)に転職する。
  • 現在は一般科に勤務し13年目になる。
  • ケアマネージャー、認知症ケア専門士の資格あり
筆者のノブと申します。

精神科から一般科に転職する看護師さんは「自分は一般科で本当にやっていけるのか?」「すぐ辞めてしまうんじゃないか?」という不安をお持ちではないでしょうか?

実際に精神科から一般科に転職しても、すぐに辞めてしまう方が多いです。

精神科から一般科に転職するのは本当に大変です。

ですが、いくつかのことに気をつけることで「働きやすくなる」「辞めずに働き続ける」ことができるようになります。

一般科で経験を積むことで実力と自信がつき看護師としてレベルアップできます。

40歳だった私でも出来たので「やる気」と「行動力」をお持ちの20代30代の方なら一般科でやっていけます。

一般科への転職を成功させて、看護師としてさらにレベルアップしましょう。

下記の記事は「精神科から一般科へ転職」のためのロードマップです。

他では聞けない情報も多数あり、転職活動の1~10までをくわしく解説します。

目次

「精神科看護師の転職は不利」でも大丈夫です

あなたも聞いたことがあるでしょうが「精神科看護師の転職は不利」と言われています。

残念ながらこれは本当のことです。

なぜなら?

精神科看護師は一般科スキルが弱いからです。

新人ナースちゃん

それじゃあ一生精神科でしか働けないの?

ノブ

安心してください、けっしてそんなことはありません。

「不穏対応」「夜間徘徊」「認知症の患者さんの対応」など、一般科でも精神科スキルが役立つ場面は多々あります。

一般科ではこれらが苦手な看護師が多いので、こんな場面はあなたの腕の見せ所です。

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料・情報収集だけでもOK

「精神科から一般科への転職」は楽じゃないけど可能です

精神科から一般科への転職はけっして楽じゃないですが可能です。

ですが

「やる気」「行動力」があれば一般科でやっていけます。

これだけだとちょっと抽象的過ぎますよね?

では具体的にどんなことを行うか解説します。

一般科に入職してから注意すること9選

一般科で最低でも1年はいないと、なにも身につきません。

以下のことに注意していけば、確実に1年以上働けます。

そして1年続けられれば3年、3年続けられれば5年と長く働き続けることができます。

一般科で働くために注意すること

  • 「感謝すること」と「楽しむこと」を心掛ける
  • 経験年数や年齢などのプライドを捨てる
  • イヤミを言われても気にしない
  • 前の病院のやり方や自分の知識に固執しない
  • 積極的に学ぶ姿勢をみせる
  • 鵜呑みにしないで主体的に考えるクセをつける
  • 時間に余裕を持った行動をする
  • 必ずメモをとる
  • わからないことはそのままにしない
  • 不穏や徘徊などは率先して対応する

むずかしいことはありません。

当たり前のことばかりですが、多くの方がこれが出来ずにやめてしまいます。

それではくわしく解説していきます。

「感謝すること」と「楽しむこと」を心掛ける

教えてもらったことに「感謝すること」で人間関係がよくなり、できるようになったことを「楽しむこと」で長く続けることができます。

「感謝すること」で相手はあなたにプラスの感情を持ち「この人にまた教えてあげよう」というプラスのお返しをしてくれるようになります。

「感謝すること」で人間関係がよくなり「楽しむこと」で長く続けることができるというわけです。

これが超基本姿勢になるので忘れないで下さい。

経験年数や年齢などのプライドを捨てる

精神科の経験年数や年齢のプライドはすべて捨てましょう。

ぶっちゃけ持っていても何の役にも立ちません。

一般科ではあなたは未経験の新人です。

それでも周囲のスタッフからは「看護師〇年目」とみられますが、これも気にしてはいけません。

同時に「一般科は初めて」ということもわかってくれています。

それなら「一般科看護師として一からやり直す」くらいで臨むほうが気が楽です。

実際こういう方が受け入れてもらいやすくなります。

イヤミを言われても気にしない

一般科に転職しても最初のうちはバイタル測定、注射、点滴、オムツ交換くらいしかできることはありません。

ぶっちゃけ「もう〇年目なのに、こんなこともできないの」とイヤミを言われることもあります。

ですが気にしてはいけません。

そんな時は「出来が悪くてすいません」みたいな感じで自虐的に流しましょう。

そうすることで「イヤミ言われても耐えて頑張ってる」とプラスな評価をされます。

そして言った相手はマイナス評価を受けます。

真面目に頑張っていれば、あなたを評価してくれる人が必ずいますので安心してください。

前の病院のやり方や自分の知識に固執しない

看護業界ではオムツ交換一つとっても、病院によって業務のやり方が違うことがあります。

転職した病院のやり方に従いましょう。

よく前の病院のやり方や自分の知識に固執してしまう人もいますが、こういう人は嫌われます。

たとえ転職先の業務のやり方が間違っていたとしても、そのことを口にするのはある程度仕事ができるようになってからにしましょう。

 >>「看護roo!」の詳しい解説はコチラから

積極的に学ぶ姿勢をみせる

一般科では初めて行う処置や検査などがたくさんあります。

事前勉強しておいてから、積極的にやらせてもらいましょう。

事前勉強しておくことが必要です。

そうでなければ教えてくれる相手にも失礼です。

また、たとえやったことがある処置や検査でも積極的にやらせてもらいましょう。

そうやって積極的に動いていくことで、自分のものになっていきますし周囲からも「やる気がある人だ」と評価してもらえます。

鵜呑みにしないで主体的に考えるクセをつける

アドバイスや看護技術など教えてもらったこと、先輩看護師が行った看護には必ず「根拠はなにか?」を自分で調べて理解するクセをつけましょう。

先輩看護師に教えてもらったことって、ついつい鵜呑みにしてしまいがちです。

ですが、鵜呑みにするクセがついてしまうと思考停止してしまい、最悪自分でアセスメントできなくなってしまいます。

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料・情報収集だけでもOK

時間に余裕を持った行動をする

新しい環境では緊張して気持ちの余裕がありません。

気持ちの余裕がなければ、焦ってしまいミスを犯すリスクも高まります。

そうならないために時間に余裕を持った行動をしましょう。

出勤なら30分前くらいから、業務を行う時も5分前できれば10分前行動を意識しましょう。

そうすることで心に余裕ができます。

必ずメモをとる

なにか教えてもらった時や、はじめて体験することがあった時は必ずメモをとりましょう。

メモをとることで真摯な姿勢が伝わります。

教える人も「教えがいがあるな」となり「もっと教えたい」と思ってくれます。

そしてたまっていったメモはあなたの大切な参考書になります。

わからないことはそのままにしない

一般科に転職すると最初はわからないことだらけです。

ですが、そのままにしてはいけません。

メモをとっておいて後から調べましょう。

あとまわしにすると、わからなかったことすらわからなくなり、しまいには忘れてしまいます。

不穏や徘徊などは率先して対応する

一般科にも認知症の方や軽い精神疾患を持っている方は入院されています。

そんな方の不穏や徘徊の対応などは率先して対応しましょう。


一般科の看護師は認知症や精神疾患を持つ患者さんの対応が苦手です。

そんな時はあなたの腕の見せ所です。

培ってきた精神科スキルを存分に発揮しましょう。

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料・情報収集だけでもOK

精神科経験しかなくても一般科でやり直せます

一般科経験1年の看護師は急変対応・一通りの看護技術・身体アセスメント・ME機器の操作などの知識と技術を持っています。

精神科のみ10年の看護師はこれらのことはできません。


ですが、今から一般科に転職してやり直すことはできます。

実際は精神科でも急変対応も身体アセスメントする場面もありますし、一般科スキルが必要な場面も多々あります。

精神科でやっていくとしても一般科スキルがないと、将来困ることになるでしょう。

あなたの未来を助けるために、一般科で経験を積んでスキルアップしてみましょう!!

\転職活動のすべてをサポート!!/

完全無料・情報収集だけでもOK

一般科への転職には「転職サポートの手厚い看護師転職サイト」を利用しましょう

新人ナースちゃん

入職してから「残業が無いと聞いていたのに毎日サービス残業だった」「給料が聞いていた金額より少なかった」などのトラブルは少なくありません。

こういった問題を個人で解決するのはとても難しいことです。

場合によっては、あなたの立場が悪くなってしまうこともあります。

こんなトラブルを防ぐために、転職には看護師転職サイトを利用しましょう。

看護師転職サイトは転職する時だけではなく、転職後のトラブルにも対応してくれます。

一般科転職におすすめの看護師転職サイト

 >>こちらで上記3社をくわしく解説します

また看護師転職サイトは下記のようなネットには載っていない内部情報をもっています。

働きやすい転職先をみつけるためには必要不可欠な情報です。

知っておきたい内部情報

  • 病院内部の人間関係
  • 残業の有無
  • 給与のボーナスのアップ率
  • 離職率
  • パワハラの有無

3社とも転職サポートが手厚いので転職初心者でも安心して利用できます。

転職成功のためには複数の看護師転職サイトを利用することが必要です。

なぜなら1社よりも2社のほうがより多くの求人を比較できますし、より転職サポートが手厚いサイトを利用したほうが転職成功率も上がります。

迷ったならに登録しましょう。

ここまで読んでいただいたあなたには「やる気」と「行動力」が必ずあります。

自分を信じて一般科にチャレンジしてみましょう。

1年後には、一般科でスキルアップし輝いているあなたがいらっしゃいます。

まとめ

今回解説したことは、私が一般科に転職した時に注意していたことです。

結果、一般科に勤務し13年経ち精神科に戻ってもいません。

この記事で解説したことを実践していただければ、あなたも一般科で長くやっていくことができます。

また、入職後のトラブルも珍しくことではありません。

これを防ぐためにも、自分一人で転職活動を行わないようにしましょう。

ぜひ一般科でスキルアップして充実した看護師ライフを送ってください。

下記では精神科看護師さんが長く勤められる一般科病院を解説します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次