看護学校の「おかしい教員」に当たった時の対処法2選!!

teacher-crazy-0 学生生活
ノブ
ノブ

こんにちは、元ブラック企業サラリーマンで現看護師のノブです。
https://twitter.com/nobuban1200s2

 厳しい受験を勝ち抜き看護学校に入学すると、誰しもが気持ちも晴れ晴れとなり、新しい生活に期待を持っています。
看護学校の教員にも期待して、全面的に信頼をおくことでしょう。
あなたも期待一杯で同じような思いをお持ちでしょう。

多くの教員は生徒のことを思い、時に厳しく生徒を指導することもある素晴らしい教員です。
ですが注意してください!!
全員が全員「おかしい教員」ではありませんが、中には「おかしい教員」も確実にいるんです


なかには「あなたは看護師に向いてない」「あなたはこの学校にいらない、周りが迷惑だ」
などの暴言で自主退学に追い込こまれた生徒や、うつ病になる生徒もいます。

新人ちゃん
新人ちゃん

そんな「おかしい教員」のせいで、自主退学したりうつ病になったりするなんて絶対イヤだよ(泣)

先輩ちゃん
先輩ちゃん

同じ教員なのに、なんでそんな「おかしい教員」がいるの?

 「おかしい教員」に当たって、あなたの人生を狂わされるわけにはいきません。
なぜおかしい教員ができるのか?おかしい教員に当たったらどうしたらいいのか?
このことを、ブラック企業サラリーマンから、准看護師を経て看護師に転職し看護師歴16年、ケアマネージャーと認知症ケア専門士の資格を持つぼくが解説します。

この記事を読むメリット

  • なぜ「おかしい教員ができるのか?」がわかります。
  • 「おかしい教員」に当たった時の対策がわかります。

看護学校には「おかしい教員」もいます

teacher-crazy-1

 看護学校の教員は、現場で通用する看護師を育成するために教育を行います。
多くの教員は生徒のことを思い、時に厳しくねぎらいの言葉もかけて、生徒を育てていきます。
これは本当にありがたいことです。

ですが、なかには「おかしい教員」もいます。
そんな「おかしい教員」にあたってしまったら、あなたが真面目な学生生活を送っていても、パワハラや暴言であなたのメンタルは削られ、勉強することの楽しみも奪われてしまいかねません。


ですが、断じてそんなことであなたの人生を狂わされるわけにはいきません。
「おかしい教員」への対策を理解して、あなたの心身健康を守りましょう。

新人ちゃん
新人ちゃん

全ての教員がいい人じゃないから気をつけてね。
あなたを利用しようとする裏のある教員や「おかしい教員」も必ずいるからね。

 👉 パワハラを受け続けるとどうなるのか?あなたの心と身体は壊れます。

おかしい教員への対策法

①大前提:あなたが真面目で勤勉な生徒であること

 まず大前提としてあなたが真面目で勤勉な生徒でなければありません。
やるべきことをやっていれば、ターゲットにされる確率は大幅に減ります。
この記事を読んでくれている方なら、真面目で向上心のある方だとぼくは思っています。

ですが真面目に勉強もせず、生活態度も不真面目ならもちろん厳しく指導されます。
これは当たり前ですし「おかしい教員」ではありません。

②何か言われても真に受けずスルーする

 「おかしい教員」なら必要以上に暴言を吐いたり、詰めてくる場合があります。
そういう場合は表面上だけ合わせておいて、あとは完全スルーしましょう。
たとえ暴言を言われても、それは的外れなたわ言です。

真に受けて消耗する必要はありません、完全スルーでOKです。

👉 看護学生の悩み!! 看護学校の教員にいじめられないための対策5選

新人ちゃん
新人ちゃん

表情だけ合わせてスルー力を鍛えることが大事だよ。

なぜ「おかしい教員」ができるのか?

teacher-crazy-2
おかしい看護教員の頭の中
  • 看護学校は昔から厳しくて当たり前
  • 看護実習は昔から怒られて当たり前
  • 看護実習は寝れなくて当たり前
  • 国家試験は「睡眠時間4時間の生徒は合格する」「5時間以上は不合格」
  • 私もこのをやり方を乗り越えてきた、だから生徒もこのやり方を乗り越えるのが当たり前

 「おかしい教員」はこんな感じで昔からの悪習をずっと引き継いできていて、完全に洗脳されています。
自分たちの時代と今の時代の違いを理解していませんし、理解する気もありません。
昔のやり方を貫き通すことが正義なんです。

新人ちゃん
新人ちゃん

こんなんじゃ看護師になる前におかしくなっちゃうよ。

👉 元サラリーマンの現役看護師が解説します。「どうして看護師はこんなに性格がきついの?」

現場に出ればイヤというほど理不尽なことが待っている

パワハラ田<br>先生
パワハラ田
先生

そんな甘いこと言ってていいんですか?
学生時代から厳しさに慣れておかないと、現場で立派な看護師になれないじゃないですか?

 はたして、そうでしょうか?
看護学校は看護師を育成することが目的の学校です。
学生時代に心身ともに病むような教育や精神論を叩き込まれて、自主退学に追い込まれたり、看護師を諦めたりすることの方が問題ではないでしょうか?


ある程度の厳しさは必要ですが、怯えながら学習するような環境では、能動的に意欲的に学習することが出来ずに学力も伸びません。

現場に出れば、理不尽なことはイヤというほど待っています。
ですが、元々看護師になりたいモチベーションが高い意識の高い人達です。
多くの人はこの経験を少しずつ積んで学んで、立派な看護師に成長しています。

遊んでばかりの大学生がサラリーマンになり、イヤというほど理不尽な目にあい、成長して出世していくのように、現場にでればいくつもの困難を乗り越えていくものです。

なので、無駄な悪習をおしつけられる必要は全くありません。

新人ちゃん
新人ちゃん

私たちだってバカじゃない。
経験を積んで必ず成長していくよ。

 👉 たとえメンタル弱くても、看護師をやっていくコツ3選!!

理不尽なことがあっても、表面上だけ合わせて完全スルーしましょう

 もしあなたが「おかしい教員」に何か言われても真に受けず、表面上だけ合わせて後は完全スルーしてください。

そんなことでメンタルをすり減らすのは超もったいないです。
卒業したらあなたは「おかしい教員」から、解放されますので安心してください。
それよりも国家試験に合格して、あなたの理想の看護師になるために何をすべきか考えましょう。

新人ちゃん
新人ちゃん

「おかしい教員」にいちいち付き合ってられないよ。
それより少しでも勉強したほうがよっぽど有意義だよ。

まとめ

  • まずあなたが真面目で勤勉な生徒であること
  • 「おかしい教員」に何か言われても真に受けずスルーする
  • 現場に出ればイヤというほど理不尽なことはある、それを乗り越えていけば成長できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました