ブラック企業で心身共に病んだ経験のある僕が、看護師への転職方法・勉強方法・様々なノウハウをお話します!

看護師がうつから回復して1か月たちました、1か月の変化とは?

ぼくは看護師として働いています。
サラリーマンからの転職組ですが、早いもので看護師歴はもう16年になります。

今までの看護師人生でつらい時は何度もありましたが、2020年9月ぐらいからうつになりました。
原因は上司からのパワハラです。
2021年1月末くらいから徐々に回復してきています。
現在は回復してきていて約1か月が経ち、精神的にも肉体的にもかなり落ち着いてきました。

うつは自分でも気づかないうちになっています。
酷い時は本当に自殺すら考えるようになります。
いつの間にか、こんなことを考えるようになるんですから、本当に怖いことです。
ですがうつが酷くなる前に、うつになる前に事前に対策できることもあります。


ぼく自身今回のことでかなり苦しい思いをしました。
現在うつやパワハラで悩んでいる方、もしかしたら自分もうつかもしれないと心配されている方。
このように苦しんでいる方の、少しでも力になれればと思いこの記事を書きました。

看護師の僕がうつから回復して1か月経ちました。1か月でどんな変化があったのでしょうか?

この記事を読んでわかること

・うつが酷いと時と、落ち着いてきた時の違い
・うつのまま生きることの辛さ
・うつにならないために、誰かに辛さを打ち明ける大切さ

目次

うつが落ち着いてきてから、1か月たちました

<img src=

ぼくはつい最近、1か月前まで酷いうつ状態になりました。
原因は仕事のことで、直属のパワハラ上司が原因でした。

自分でも気づかない間にうつになっていて、気づいたときは「死んだ方が楽かな?」と思うほどでした。
自分の力だけではもうどうしょうもないところまで来ていました。

ぼくはそれまで誰にも相談せずにいました。
ですが、あるミスをして別の上司にうつのことを告白し相談したことから、状況も気持ちも変わっていったんです。
(詳しくは下記リンクをお読みください)
👉看護師のうつ体験:うつから学んだ大切な一つのことと、回復するまで

変わっていってから約1か月が経ちました。
完全に以前の僕に戻れたわけではありませんが、今は心身共にかなり落ち着きました。

あのまま行っていたら、どうなっていたか?
ブログ記事を書くことも、出来なかったんじゃないかと思います?

そのくらいうつになるというのは辛いものです。
この経験を無駄にしたくないので、リアルタイムで伝えたいと思い。
今現在うつに苦しんでいる方の、なにかヒントになればとこの記事を書いています。

新人ナースちゃん

うつは自分では気づきません。
「ちょっと気分が落ち込むな」という日々が続いたら、いつの間にか本当にうつになっています。

うつが酷かった時と、落ち着いてきた今との違い

<img width=

うつが酷い時

  • 食欲がない
  • 眠れない、もしくは睡眠が浅い
  • 常に憂鬱な気分が一日中続く
  • 笑えなくなる
  • 仕事が終わっても、顔の表情が死んでいる
  • 落ち着かなく、仕事で考えられないケアレスミスが続く
  • 仕事に行くのが怖くなる、仕事そのものが怖くなる
  • 何かあると「自分のミスでは?」と心配になる
  • 同僚や上司が会話していると「自分の噂や悪口を言っている」と思うようになる
  • 家に帰っても疲れが取れない
  • 以前はしなかったような心配をするようになる
  • 日を追うごとに生きるのが辛くなる
  • ふと「死んだ方が楽では?」と思うようになる
  • 周りも「おかしい」と思うようになる

落ち着いてきたとき

  • 食欲がある
  • 夜眠れるようになる
  • 時に憂鬱な気分はあるが、長くは続かない
  • 笑えるようになる
  • 仕事が終わると笑顔になれる
  • 落ち着いて仕事が出来る。たまにミスはするが大きなミスは起こさない
  • 仕事への怖さが無くなる
  • 何かミスがあってもすぐに「自分では?」思わなくなる
  • 人の会話が気にならなくなる
  • 家に帰ると疲れが取れる
  • 変に些細な心配をしなくなる
  • 生きるのが辛いと思わなくなる

「死んだ方が楽では?」なんて普通に生活してたら思わないですよね?
ですが、うつになるとこんなことを思うようになるんです。

本気ではないですが、ふと瞬間に思うようになるんですよ。

まだ冷静さがあるんで、「ここで自殺したら部屋が事故物件になって、遺族が莫大な借金を抱える」
とか「周りに迷惑をかける」とか考えられますが、衝動的に自殺する気持ちってこういうことかと感じました。

うつになると本当に「死んだ方が楽では?」と思うようになる

新人ナースちゃん

「死んだ方が楽かも?」なんて冗談で言うことはあっても、本当に思うことなんて普通ないですよね。
うつが酷いと、ふとした瞬間に「死んだ方が楽かも?」って本当に思うようになるんです。

うつのまま生きるのは生き地獄

<img src=

前述のように、うつが酷い時は生活全てが悪い方向に向かいます。
想像してみて下さい、こんな悪夢のような状況が何か月も続くんです。
あなたは耐えられますか? ぼくは耐えることが出来ませんでした。

更に始末の悪いことに、こんな状況にいつの間にかなっています。
最初はちょっとぐらいイヤなことがあっても、大したことないと思えるんです。

ですが気づいたときには、もう遅いところまで来ています。
自分ではどうしょうもないところまで、追い詰められてしまうんです。

・うつは気付かないうちに、あなたを追い込んでいる。
・気づいた時には、あなただけの力ではどうしょうもないところまで追い込まれている。

👉たとえメンタル弱くても、看護師をやっていくコツ3選!!

新人ナースちゃん

うつは気づかないうちに、あなたを追い込みます。
そして気付いた時には、生き地獄を味わうことになります。

グチや弱音と思われてもいい、一人で抱え込まず誰かに打ち明けましょう

<img src=

心の辛さはなかなか他人には理解してもらえません。
自分でも心の辛さに気づかない時や、無意識に気づこうとしないことも、あるんですからなおさらです。

あなた一人で抱えていても、解決策は永遠に出てきませんし、さらに悩みや心の辛さは大きくなります。
打ち明けることが出来る人がいるなら、その人に打ち明けて聞いてもらいましょう。

新人ナースちゃん

たとえいいアドバイスや、解決策を貰えなくてもいいんですよ。
大事なのはあなた一人で抱え込まないことなんです。
誰かに悩みや心の辛さを、打ち明けるだけでも楽になれますよ。

人に悩みや心の辛さを聞いてもらうのって、ただのグチや弱音と思われない?

そんなことはありません。
悩みや心の辛さを一言も他人に相談しないで、生きていける人はいません。
たとえグチや弱音と思われても、生きていくことの方が大事です。


一人で悩みや心の辛さを抱え込んで生きられるほど、人は強くありません。
なにより、さらに悪くなって自殺まで追い込まれるより、他人に相談して生きていくことが大事です

先輩ナースちゃん

中には悩みを打ち明ける友達がいない人もいますよね。
家族に打ち明けるのも、なかなかできない人もいます。
そういう人は「いのちの電話」に電話して、つらい思いをさらけ出しましょう。

回復してきても焦ってはいけません

一時はうつが酷かったぼくですが、現在は精神的にも肉体的にも落ち着いてきました。
完全復活とはいえませんが、普通に仕事をこなして過度な抑うつ気分に襲われることなく、毎日を過ごしています。

ただ回復してきているからといって「すぐに前の力を100%出そう」とは考えていません。
それは「100%全力で頑張る」ことを続けると、これから先の長い人生を歩くことが出来なくなるからです。

これから先の長い人生を完走するために必要なことは「80%の力で頑張り、余力を20%残す」ことです。
こうすることで常にベストなパフォーマンスを発揮できるようになります。

常に100%の全力疾走ではすぐに力尽きてしまいますし、そうなると自分も周りもみえなくなります。
またうつにならないためにも、長い人生を完走するためにも「常に80%で頑張る」ことが大切です。。

新人ナースちゃん

日本人はとにかく「100%全力で頑張ろう」とします。
これが絶対に正しい訳じゃありません。
最後までベストパフォーマンスで、人生を完走できるのは
「80%の力で頑張り、余力を20%残す人」です

長い人生を完走するために「80%の力で頑張り、余力を20%残す。

ノブ

ぼくはこの本で「80%の力で頑張り、余力を20%残す。」大切さを教わりました。

リラックスすることに重きを置いた、うつ予防のためにもなるメンタルコントロールのやり方が学べるおススメです。

「人生は楽しいかい?」の解説動画です。
この動画だけでもかなり勉強になりますよ!!

まとめ

「自分はうつになんかならない」「うつになるのはメンタルが弱い人だ」そう思う人が大半でしょう。
ですが、そういう人ほどうつになる危険性は高いですし、メンタルが強いといわれる人でもうつにはなります。
どんなひとでもうつになる可能性はあります。

  • うつになったら、全てが悲観的にみえる
  • うつになったら、普通にできていたことが出来なくなる
  • ふとした時に自殺を考えるようになる

こんな生き地獄のような生活が待っているんです。
そうならないために悩みや個々の辛さがあるのなら、くれぐれも一人で抱え込まずに誰かに打ち明けましょう。

・悩みや心の辛さは一人で抱え込まず、必ず誰かに打ち明ける。
・80%の力で頑張り、余力を20%残す。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる